とにかくたくさん撮る

重要度:★★★★★  使用頻度:★★★★★  難易度:★☆☆☆☆

最後のアドバイスは「とにかくたくさん撮る」こと。子どもの写真は偶然の産物も多いので、たくさん撮ればそのなかにいい写真がきっとあります。幸いデジカメの写真ならフィルムも無駄にならないので、失敗したら削除すればよいだけ。失敗すればするほど、カメラの腕も上がります。失敗を恐れずに、どんどんシャッターを切りましょう!

カメラ

知れば知るほど奥深い写真の世界。思い通りの写真が撮れるようになるまで極めたい



【いつもの写真が劇的に変わる撮影テクニック10】
1. AUTOモードは使わない
2. フラッシュは使わない
3. ホワイトバランス機能を使う
4. 露出補正をする
5. フォーカスロックを使う
6. ゴールを決める
7. アングルを変えて撮る
8. 自分も楽しく撮る
9. 新しいカメラを使う
10. とにかくたくさん撮る


>> 次は「プロが教える素敵な構図10」

>> チビタス特集「子どもの写真のかわいい撮り方」へ戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。