DVD-Rから起動してインストール

これまでに紹介した2つの方法では、Mac OS X Lionのインストールプログラムをインターネットからダウンロードする必要があります。インターネット接続を使わずにMac OS X Lionを新規にインストールするには、少し特殊な方法でインストールDVDを自作しなければなりません。
※ここから紹介する手順はAppleがサポートしない方法であるため、将来的にできなくなる可能性があります

【インストールDVDの作成手順】
  1. Mac App Storeを起動し、optionキーを押しながら「購入済み」をクリックします
  2. 購入済みリストにある「OS X Lion」の右側のボタンが「ダウンロード」に変わるので、それをクリックします

  3. インストールボタンの復活

    すでにダウンロード済みだったり、Macに接続されているドライブ上のどこかにMac OS X Lionインストールがあるとoptionキーを押しながら購入済みをクリックしてもボタン表示は変化しません


  4. ダウンロードが終わるとMac OS X Lionインストールが始まりますが、インストールせずにプログラムを終了します
  5. 「Mac OS X Lion インストール」というファイルがアプリケーションフォルダにあるので、アイコン上でcontrolキーを押しながらクリックし「パッケージの内容を開く」を選択します
  6. パッケージの中身でContents >SharedSupportを開き、「InstallESD.dmg」というファイルが見える状態にします

  7. InstallESD.dmg

    InstallESD.dmgが見える状態にします



    InstallESD.dmgを選択状態にします

    InstallESD.dmgをディスクユーティリティでDVDに焼きます

  8. ディスクユーティリティを起動し、ウインドウ左側の領域にInstallESD.dmgをドラッグ&ドロップしたあと、ディスクユーティリティ上でInstallESD.dmgをクリックして選択状態にします
  9. ディスクユーティリティでイメージ > ディスクを作成…を実行してブランクのDVD-Rを挿入します
  10. 以上で作成したDVDによりMacを起動すれば、Mac OS X Lionを新規にインストールできます


USBメモリから起動してインストール

DVD-Rを使う代わりに5GB以上空き領域のあるUSBメモリ(実質8GBのUSBメモリが必要)を使う方法もあります。5GB以上の領域があれば、USB接続のハードディスクや、FireWire接続のドライブでもやりかたは同じです。

【作成手順】※6まではDVD-Rを使う場合と同じ
  1. Mac App Storeを起動し、optionキーを押しながら「購入済み」をクリックします
  2. 購入済みリストにある「OS X Lion」の右側のボタンが「ダウンロード」に変わるので、それをクリックします
  3. Mac OS X Lionインストールを実行する前に終了
  4. アプリケーションフォルダを開いて、Mac OS X Lionインストールのアイコンをcontrolキーを押しながらクリックし「パッケージの内容を開く」を選択します
  5. Contents >SharedSupportを開き、InstallESD.dmgが見える状態にします
  6. ディスクユーティリティを起動し、左側の領域に先ほどのをドラッグ&ドロップし、ディスクユーティリティ上でInstallESD.dmgをクリックして選択状態にします
  7. ソースには「InstallESD.dmg」、復元元にUSBドライブとなるようにセット※し、右下の「復元」ボタンをクリックします
  8. USBメモリにInstallESD.dmgの内容を復元します

    USBメモリにInstallESD.dmgの内容を復元します


※ダイアログから設定する方法がないため、Finderなどからドラッグ&ドロップによって設定します

以上で作成したUSBドライブによりMacを起動すれば、Mac OS X Lionを新規にインストールできます。常時ネット接続していない場合などの保険として、1セット作成しておくとよいでしょう。


【関連サイト】
アップル OS X Lion


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。