リカバリー領域から起動してインストール

Mac OS X LionをインストールしたMacには、内蔵ディスクの見えない領域に「リカバリー領域」が作成されています。このリカバリー領域から起動すると、Mac OS X Lionを再度ダウンロードしてインストールしたり、ターミナルやディスクユーティリティを使うことができます。

この機能を呼び出すためには、Mac起動時にoptionキーを押しながら起動し、Recovery HD を選択して起動するか、Mac起動時にcommand + Rを押し続けます。
起動ボリュームの選択

Recovery HDはシステム環境設定の起動ディスクには表示されないため、Mac起動時に行う必要があります


リカバリー領域から起動し、ディスクユーティリティを使ってハードディスクをフォーマットすれば、Mac OS X Lionを新規にインストールすることが可能です(パーティションの変更に一部制限あり)。
リカバリー画面

リカバリー画面ではOS X Lionの再インストールやハードディスクのフォーマットが可能です


→リカバリー用のUSBディスクから起動して新規インストール