イタリアならではの色とりどりのレーザーアイテムでお馴染みの Campo Marzio Design(カンポ マルツィオ デザイン)。その日本初ショップがこのほどオープンした。
Camp Marzio ショップ

六本木ヒルズにオープンしたCamp Marzio Design ショップ

ショップの場所は六本木ヒルズのウェストウォークの4階。アジアエリアでは香港、韓国などには直営ショップがあったが、なぜか日本にはこれまでなかった。ということで待望のオープンということになる。

そもそも、こちらの「Campo Marzio」とは、ローマにある通りの名前だそう。今から約80年ほど前の1933年に、Campo Marzio通りに文具店としてスタートしたのが始まり。その通りの名前をそのまま店の名前にしたのだという。その後1992年からオリジナルのボールペンを作り始め、現在のようなステーショナリーそしてレザーアイテムのブランドとして展開している。

今回のショップ入り口の壁には、同店の原点でもあるその「Via Campo Marzio」という石で作られたサインが掲げられていた。
Camp Marzio ショップ

ローマ本店に実際にある店名の由来ともなったものを忠実に再現したものだという

イタリアンカラーで埋め尽くされた店内

Camp Marzio ショップ

鮮やかなカラーで埋め尽くされた店内

決して広いと言えない店内ではあるが、そこにはイタリアならではの色で埋め尽くされている。
「人口密度」ならぬ「色密度」が実に高い。オレンジ、パープル、ピンク、グリーンなど、原色ばかりが並んでいるが、不思議と派手という感じはなく、全体的にとてもまとまりがあるように見える。
Camp Marzio ショップ

羽ペンにも色が施されている

一見すると女性アイテムが中心のようだが、私のような男性でも手にできるものは結構あった。まず、店内の中央にあるのがペンコーナー。一本一本のペンのために用意されたスペースにズラリとペンが収められている。
Camp Marzio

店内奥に設けられたペンコーナー


次のページではおすすめのアイテムを紹介する。