想起元は、アメリカンスポーツフリークのワードローブ

古き良きアメリカを彷彿させるスポーティなカジュアルウェアは、ラフなワードローブの中心的な存在。根強い人気を誇りますが、そのラインナップを入れ替えたくなるほどこだわりが詰まった新ブランド「Jackman(ジャックマン)」が今シーズン誕生しました。
Jackman

アメリカンスポーツを感じさせるラインナップが特徴的

その源流は、1949年に設立された田邊莫大小(たなべめりやす)製作所に遡ります。創業者の田邊 貢氏は、戦後初の日米親善野球試合を観戦。サンフランシスコ・シールズの選手たちがはいていた野球用のストッキングに目を奪われました。それをきっかけに、オリジナルの野球用ストッキングを製造。独自のデザインを追求し、ミシンの縫製技術の改良に努めました。そうして完成したアイテムは、1954年の福井県知事賞を皮切りに数々の賞を獲得。10年間に亘り、全国高校野球選手権大会(甲子園)に出場する全選手に野球用ストッキングを贈り続けた結果、クオリティの高さも評価されています。その後、スポーツ系アパレル全般を手掛けるようになり、1964年の東京オリンピックでは、日本選手団にトレーニングウェアを提供するまでに成長しました。

新ブランドの「Jackman(ジャックマン)」は、そんな田邊莫大小(たなべめりやす)製作所の確かな技術力やクラフトマンシップを受け継いでいます。ブランド名に含まれる“jack”はもともと“(ジャッキなどで)持ち上げる”という意味があり、野球においては“高く打ち上げる”、“ホームラン”といった意味を持ちます。つまり、創業者が憧れたアメリカンベースボールを由来とし、アメリカンスポーツフリークのワードローブが想起元となっているのです。熱狂的なアメリカンスポーツの愛好者がストックしている愛用品。使い続けてきたものに新しく買い足したものを融合し、常に新陳代謝していくワードローブをイメージしています。

“Made in USA”や“Made in Japan”にこだわっているのも「Jackman(ジャックマン)」の大きな特徴です。

次のページからは、その象徴的なアイテムを紹介しましょう。