地髪で髪結い

地髪undefined日本髪

髪を結う時間が気になるなら、挙式前やたっぷり時間のある前撮りで結ってもらいましょう。【ヘアメイク・着付:森沙織】

和装に洋髪も人気ですが、自分の髪で日本髪を結い上げるのも密かな人気。ザ・花嫁な文金高島田(ぶんきんたかしまだ)はムリでも、肩につくぐらいのセミロングなら充分に地毛で日本髪をつくれます。日本髪は似合わない、鬘(かつら)には抵抗がある・・・なんて花嫁も、自分の髪ならフェイスラインとのバランスをチェックしながら、似合う形をつくることができるので安心。

やっぱり花嫁らしい文金高島田に憧れる! と言う花嫁は、自分の髪で結いつつ半鬘(はんがつら)を使って仕上げることもできます。フェイスラインや、老けてみえるor若々しくみえるなど印象に影響する鬢(びん/サイドの髪をふくらませた部分)を地髪で結っていくので、鬘(かつら)だと老けてみえるなどの悩みも解消できます。


ゴージャス半襟でツウな和装花嫁に!

半襟undefined色打掛undefined京西陣古川

半襟の華やかさは舞妓の着こなしでもおなじみです。【ヘアメイク・着付:森沙織 色打掛:京西陣古川】

人気和装においてコーディネートに差をつけたいなら、華やかな刺繍や色味の半襟がオススメ!普段、着物を着る際もオシャレ半襟として刺繍など凝ったものもあり、着物のオシャレの幅を広げています。ただ花嫁の半襟となるとそのゴージャス具合もワンランク上。色打掛など華やかな着物にも負けない大柄刺繍やモチーフが施されたものが多く、花嫁の首元をさらに個性的に彩ります。
色彩豊かな色打掛に引けをとらない半襟を合わせて豪華絢爛な和装花嫁になる、または全体的に粋な引き振袖にゴージャスな半襟を合わせるなど、ドレスとアクセサリーとのコーディネートのごとく楽しむことができます。

ちなみにこのゴージャス半襟のトレンドはリバイバル。ファッショントレンドと同じように、着物トレンドも繰り返すのです。繊細で華やかな半襟を取り入れて、より自分らしい着こなしを取り入れましょう。

【写真協力】
GoshiPhoto(ゴシフォト)
SARAH -沙陽-(流石洋子)
AndPhotoCompany(アンドフォトカンパニー)
ヘアメイク森沙織
京西陣古川



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。