タイヤがバーストしたら……急な操作を避け車を安全に停止させよう

タイヤがバーストしたら

走行中に普通とは違う振動やハンドルが取られるなどの異常が感じられたら、タイヤのパンクやバーストなどの可能性がある。そんなときは急な操作をしないよう、慎重にスピードを落として、クルマを停車させる

いくら注意をしていても、100%防ぐということはできないのが、タイヤのパンクやバーストです。そのため、いざそうしたトラブルに遭遇した時にはどのように対処すべきかを知っておくことが大切です。

まず、最も注意すべきなのは、走行中のパンクやバーストです。走行中に突然ハンドルや車体を通じて、異常な振動が伝わってきたり、クルマが真っ直ぐ走らない、コーナリング時にクルマの動きが不安定になる、などの症状が現れた場合は、タイヤのパンクやバーストのサインと考えられます。

このとき、慌てて急ブレーキを踏んだり、急ハンドルを切ったりすると、クルマの挙動が乱れて危険な状態に陥ることもありますから、そうした急な操作を避けて、慎重にスピードを落とし、路肩などで安全の確保できるところに停車させてください。特に車速が高いときには、クルマの挙動変化も大きいので、より慎重な操作が求められます。

クルマを停止させたら、タイヤの状態を確認します。パンクやバーストをしているタイヤがあれば、ひと目でそれと分かるはずです。タイヤに異常が見られないときにも、サスペンションなどに不具合が出ていることが考えられますので、無理をせずにJAFなどのロードサービスに相談してみることをおススメします。

ある程度、クルマの知識がある方でしたら、自分でスペアタイヤに交換することもできると思いますが、高速道路上ではいくら路肩に止めていても、後続車に追突される危険性がありますので、必ずロードサービスを呼んでください。そして、ロードサービスを待つ間も、クルマから降りてガードレールの外側など、道路からなるべく離れたところに避難するようにします。

安全な場所でスペアタイヤに交換するときも、スペアタイヤや車載工具の有無(クルマによっては、パンク修理キットで代用されていることがあります)、およびその使い方をあらかじめ確認しておくと、いざという時に慌てずに済むでしょう。
 

日頃の点検・メンテナンスでタイヤのバーストを防止することも

空気圧点検

日頃から空気圧をしっかりと確認していると、パンクの兆候を見つけたり、バーストを防ぐこともできるだろう。例えば、一輪だけ異常に空気圧の低下が早いという場合は、パンクの疑いがある

パンクやバーストの原因はいくつか考えられますが、実は日頃のメンテナンスで防げる部分も多いのです。まずは基本的なことですが、空気圧の点検が第一です。最近ではあまり聞かれなくなってきたようにも思いますが、高速走行中にタイヤのトレッド面が波打ち、バーストを起こすスタンディングウェーブ現象も、空気圧の低下が原因となります。

パンクによって徐々に空気圧が低下している場合も、今どきの40や45といった低扁平タイヤでは見た目だけでは分かりにくいことがあります。そんなときにも、空気圧を定期的に測定していれば、バーストする前にパンクを発見することができるでしょう。

また、目視によるタイヤの点検も重要です。点検するポイントは、まずタイヤの側面、サイドウォール部に傷がついていないか、また異常なふくらみなどがないかといった点です。サイドウォールはタイヤの構造の中でも比較的弱い部分で、路肩の縁石などにこすったりすると、簡単に傷がついてしまうのです。

そうした傷が原因で、サイドウォールの強度が低下し、部分的に膨らんだりするような症状が現れることもあります。こうしたサイドウォールの傷やふくらみは、バーストの原因となるため、発見したらタイヤ専門店などに相談し、早めに交換することをおススメします。

釘や異物を踏むことで起こるパンクは、なかなか防ぎようがありませんが、例えば普段走行する際も、小石やゴミなどが溜まっていやすい路肩に寄るのは避け、なるべくほかのクルマと同じ軌跡を走るように心掛けると、余計なものを踏むリスクを抑えることができるでしょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。