シンガポールを体現する白亜のコロニアルホテル
ラッフルズシンガポール


説明画像

シンガポールを旅するなら必ず訪れたいスポットでもある、ラッフルズホテル。コロニアルな建物も魅力的

ラッフルズ

長い歴史が刻まれた伝統のホテル。その美しさとホスピタリティで各国の著名人からも絶賛された

マーライオンと並んで、シンガポールのシンボル的存在ともいえる超有名ホテル、ラッフルズホテル。「スエズ運河以東で最も豪奢」と評されてきた、白亜のコロニアルテイストのこのホテルには、長い歴史と伝統が刻まれています。1887年に、アルメニア人のサーキーズ兄弟が開業して後増築を重ね、日本占領時代には昭南ホテルと名を変えたこともあり、シンガポールの歴史とともに歩み続けてきました。1987年には、建物がシンガポール政府により歴史的建造物にも指定されています。現在は、世界各国にホテルを展開するラッフルズ・ホテルズ・アンド・リゾーツのフラッグシップホテルとしても、世界各国の顧客から高い評価を得ています。

 

一時休業を経て、1989年に設立されたラッフルズ・インターナショナルによる全面改装が行なわれ、1991年に再開。現在の形となりました。コロニアルホテルというと、部屋の設備が古い……といったイメージを抱く人もいるかもしれませんが、伝統的雰囲気を残したまま、現代のハイテクを取り入れた形に生まれ変わっているため、セキュリティーや客室内の設備は他の最新ホテルと変わりありません。

ラッフルズホテル

ホテル敷地内にあり、宿泊客以外でも利用が可能。入場料も無料なのでぜひ立ち寄ってみよう

歴史的なホテル、ラッフルズの顧客には、エリザベス女王にチャーリー・チャップリン、ラドヤード・キップリングなどなど、世界各国のセレブリティや作家、王族に政治家と、錚々たる面々が名を連ねていますが、特に有名なのはラッフルズホテルを「東洋の神秘に彩られている」と絶賛し、こよなく愛したイギリスの小説家で劇作家のサマセット・モームでしょう。現在でも彼の名を冠した、サマセット・モーム・スイートという部屋が設けられています。

ラッフルズホテルの歴史については、ラッフルズ・ミュージアムで詳しく知ることができます。興味深い調度品や地図、写真などは必見。宿泊客以外も利用できるので、こちらもおすすめです(10~19時、入館無料)。それでは、華麗なるラッフルズホテルを詳しくご紹介していきましょう。