テレビのスピーカーじゃもったいない!

YHT-S401設置例

YHT-S401は、フロントスピーカー部とサブウーファー部から成り、設置の自由度と音質を両立している。

地デジ化のお陰で、テレビの音はCD並のデジタル高音質で送り出されているのを存じでしょうか? 多くの視聴者は実感が無いかもしれません。それは、テレビの薄型化に伴い、スピーカーから出てくる音が貧弱になってしまっているケースが多いからです。

ブルーレイも、高精細な画質に加え、より密度の高い音質と、映画館さながらの臨場感が得られる最大で7.1chものサラウンドサウンドが売りですが、テレビのスピーカーではDVDとの差を感じ難いものです。

そして、最近では、このようなデジタル高音質の魅力を引き出そうと、手軽にテレビの音を本格的なサラウンドサウンドに変えてくれる、サウンドバーや、ホームシアターパッケージなどと呼ばれる商品が人気となっています。

そこで今回は、ホームシアターサウンドで人気の高いヤマハ製品の中から、音質に拘った最新モデル「YHT-S401」に注目し、詳細をご紹介します。

設置や操作はとても簡単です!