欧米では自分を主張し、個性を際立たせるために香水を用います。人種的に体臭の感じ方が違うので、日本でその流儀をそのまま持ち込むのはなかなか難しいもの。

そこで、ここでは、日本の気候や日本人特有の香りに対する考え方を踏まえた上で、新しい香水のつけ方と楽しみ方をご紹介します。

持続時間で名前が変わる

香水

最近は男性用だけでなく、やさしい香り立ちの女性用やユニセックスの香りを楽しむ方も増えてきました。

香水といっても種類があるのをご存知ですか? 香りの持続時間によって分けられており、「オーデ コロン」は1~2時間、「オード トワレ」で3~4時間の持続力があります。また、ほとんどが女性用で、男性用にはほとんどありませんが「オーデ パルファン」はそれ以上長持ちします。

この濃度による持続時間の差があるので、使い分けの目安にしてください。出勤前につけると昼には香りが薄まるので、同じ香水をつけ足してもOK。別の香りにする場合は、念のため、もっと弱くなる夕方くらいにつけ直すのがよいでしょう。

 


手首や首の後ろはもう古い!?

香水

手首につけると、相手にダイレクトに香りが伝わってしまう危険性も。

よく、香水とつけるというと、手首に吹きかけてそれを首筋につけるというシーンを映画などで目にしました。しかし、現代の日本で、しかも男性にとってそのつけ方は有効でしょうか?

満員電車や密閉されたエレベーターや会議室など、身だしなみとしてつけた香水がかえって迷惑になってしまう場合があります。その時に、上記のような手首や首筋という旧式なつけ方では、香りが相手にダイレクトに届いてしまいます。

また、手首も首筋も自分の鼻に近い場所なので、同じ香りをかぎ続けると鼻が麻痺して香りを感じにくくなることもあります。すると次第に使う量が増え、つけすぎになりがちなのです。

次のページでは、イマドキな香らせ方の極意をご紹介します。