ことわざにもあるように目の印象力は大きなもの。顔全体、その人全体の印象を左右するパーツです。目元の印象が悪いと、相手に悪い好感を与えてしまいます。

女性のようにメイクをしない男性は普段のアイケアがとても重要です。今回はそんなアイケアに焦点を当ててご紹介しましょう。

目周りは非常にデリケート

アイケア

アイケアに使うクリームやアイテムはさまざま。テクスチャーや自分の抱えるトラブルによって使い分けましょう。

目の周りにクマやシワがあるとなんとも生気のない顔になってしまいます。そこで、アイケアが必要になるのですが、アイケアは単にクリームを塗れば終わりというものではありません。

それは目元の皮膚がごく薄くデリケートだから。背中の皮膚に比べると約1/5の薄さだとも言われているほどです。力の加減に注意しないと、ケアをしているつもりで、かえってトラブルを生み出していることもあります。優しく丁寧にケアしなくてはなりません。

 


アイケアは薬指が基本

アイケア

アイクリームを塗るときは必ず薬指を使います。男性は力が強いので、できるだけやさしく塗ることを心がけて。

では、どうやってアイケアをするのがよいのでしょうか? それは薬指でケアすることです。手の中でも薬指が最も力が入りにくいので、ムダな負担をかけずにすむのです。

アイクリームを薬指に出したら、指をこすり合わせて、体温でクリームを温めておきましょう。こうすると左右の目元に均一に伸ばせますし、浸透もよくなります。

 


こすらず、力を入れず

アイケア

アイテムによってやや異なりますが、目頭→目尻に向かって塗布するのが効率的です。

次に塗り方です。目頭に薬指を置き、目尻まで一定方向に塗布します。この時に、目の下を左右にこすったり、往復させたりするのは禁物です。触れるか触れないくらいの力で、ポンポンと軽く叩くようになじませましょう。

慣れない男性は、普段のケアはこれくらいでOKです。だんだん慣れてきて、もし、疲れが溜まっていたり、むくんだりするときは仕上げに、目の周りにある無数のツボを刺激して血行を促進するのもよいでしょう。

 


次のページでは、目元の最大のトラブル「クマ」の種類とその解消法をご紹介します。