人を褒めることには多く効能があります。褒めることの大切さはわかっていても具体的にどう褒めていいかわからない人や、照れがあって褒められない人もいるでしょう。今回は、銀座ホステスが使っている、誰にでもできる「わざとらしくない」褒めテクニックをご紹介します。

メリットいっぱい!褒めの効能

褒めにはメリットがある

褒める人にも、褒められる人にも双方にメリットがある

皆さんは、人から褒められてうれしい気持ちになったり、自信が持てるようになったりした経験がありませんか?

「褒め」は相手にいい影響を与えるだけでなく、褒める側にもいい影響があることをご存知でしょうか。「褒め」を点数稼ぎのように感じる人もいますが、つまらないプライドや正義感で避けてしまうにはもったいないほどたくさんのメリットがあります。まずは、代表的な褒めの効能をみていきましょう。

褒めの5つのメリット

1.相手をうれしくさせる
褒められると照れくさい気持ちになりますが、やっぱりうれしいもの。認める、いいところを口に出すという行為には、相手をうれしくさせる効果があります。

2.認められたことで自信をつけることができる
承認欲求を満たされると、人は自信を持つことができます。褒めることで相手が前向きになったり、自信を持ってくれるという効果も期待できます。部下やパートナー、子供などはどんどん褒めましょう。

3.褒めてくれた相手に対してポジティブな印象を持ってしまう
人間は自分を承認してくれた人に対して、好意を持ちやすくなります。なんとなくイヤな相手でも、褒めをきっかけに印象が変わることも。

4.褒めてくれた人のことも褒めたくなる
褒められると、つい相手のことも褒め返したくなります。反射的に相手のいいところを探してみると、苦手な相手でもいいところを見つけられます。

5.褒めポイント探しでトクをする
道端に落ちているゴミばかりを探してきれいな景色を見逃してしまうように、相手の悪いところばかりを見てしまうのはもったいないことです。褒めポイントを探す習慣は観察力を鍛えるだけでなく、ポジティブ思考にしてくれます。

メリットいっぱいでお金もかからない「褒め」ですが、実際にやろうとすると照れや難しさを感じる人もいますよね。どのようにすれば、スマートに褒めることができるのか。褒めの達人である銀座ホステスのテクニックを覗いてみましょう。