いい意味で、エコカーとは思えない

マツダ・デミオ

スカイアクティブGエンジンの搭載で10・15モードで30km/Lを実現したデミオ。フィットハイブリッドやアイドルストップ付きヴィッツと真っ向勝負できる燃費性能を手にした


ハイブリッドでもないのに30km/Lという素晴らしい10・15モード燃費を実現した、スカイアクティブGエンジン搭載のデミオに試乗した。果たして実力はいかがなものか? ちなみに箱根で試乗会が行われたため、燃費に関しては正確な値を計測出来ず。参考程度にしていただけたら、と思う。

ということでエンジンから(メカニズム詳細については下のリンクで)。Dレンジをセレクトして走り出すと、意外や意外。全く普通の回り方である。スカイアクティブGだと言われなければ全く解らないほど。パワー&トルク感も大きな差なし。敏感な人なら低回転域のトルクの太さを感じるかもしれない。

マツダ・スカイアクティブ

スカイアクティブシリーズの高い燃費のキモは「圧縮比」。エンジン内でのロスを極力減らし、ハイブリッド並みの燃費を実現した

逆に省燃費エンジンと聞いた途端「動力性能が厳しいでしょう」と思う人だと、良い意味で拍子抜けするだろう。普通の1.3リッターエンジンに仕上っており、ノッキングの兆候すら無し。また、組み合わされるCVTのセッティングも自然。これまたエコカーとは思えないレベル。

ちなみにこのデミオが登場するまでコンパクトカーで最も良い燃費だったヴィッツ(26.5km/L)は、常時CVTが低い回転をキープするため、加速しようとアクセル踏んだ時に反応しない(1.3リッターエンジンなので低速トルクが薄い)。そういった点からすればデミオは乗りやすい。