沖縄本島から車で行ける離島、古宇利島

古宇利大橋

屋我地島から見た古宇利大橋。晴れた空と海の青に吸い込まれていくよう

沖縄本島にはいくつもの船に乗らずに船を渡って行くことのできる離島があります。離島の魅力は、本島のすぐ近くにありながら海が一段と美しいこと。また古きよき時代の風景を残す場所でもあるので、沖縄らしいフォトジェニックな雰囲気をのんびりと楽しむことができます。今回は、そんな離島の中でも特に人気の古宇利島の話をしましょう。
 

古宇利島への行き方

サトウキビ畑

島にはサトウキビ畑が広がり、その向こうに美しい海を眺めることができる

古宇利島は半径約1km、周囲8kmの小さな島。沖縄本島本部半島の北に位置しています。本部半島の付け根から奥武島、屋我地島を経由してその先にちょこんと浮かぶ島です。那覇方面からなら高速を利用して許田ICから。または、国道58号線をずっと北上して本部方面へ。名護を経由し、屋我地島から古宇利大橋を渡って辿り着きます。所要時間はおおよそ1時間半。
古宇利大橋

古宇利ビーチから眺める古宇利大橋(C)今帰仁村観光協会

古宇利大橋が開通したのは2005年のことで、それまでは沖縄本島のすぐ近くにありながら完璧な離島でした。風に揺れるサトウキビ畑と、昔ながらの石垣や珊瑚の壁が残る集落の風景は、まさに沖縄の原景とも呼べるもので、そんな雰囲気を気軽に楽しめるとあって、古宇利大橋がかかってからこの島は沖縄本島旅行の人気のドライブコースとなっています。日帰りで訪れる人がほとんどですが、近年は宿泊施設も充実しているので、チャンスがあればぜひ宿泊することをおすすめします。
 

長さ1960m! 古宇利大橋

古宇利大橋

エメラルドグリーンの美ら海を渡る古宇利大橋からの眺めは絶景! (C)今帰仁村観光協会

古宇利島といえば、誰もが一番に挙げるのが古宇利大橋です。冒頭部分でもちょっと触れましたが、古宇利大橋は屋我地島と古宇利島を結ぶ全長1960mの橋で、その眺望の素晴らしさは沖縄本島の中で間違いなくNO.1です。橋の両側には、これぞ沖縄という眩しいくらいのコバルトブルー色の海が広がります。この景色を見るためだけでも行く価値ありとも言える、絶景ドライブコース。古宇利島への素晴らしい玄関口であり、古宇利島のハイライトとも言える古宇利大橋は、沖縄本島の旅で一度は体験してほしいマストスポットです。
 

カフェやレストランも!古宇利島オーシャンタワー

オーシャンタワー

オーシャンタワーの展望台からはとっておきの眺望を楽しめます! (C)今帰仁村観光協会

古宇利島の入り口からすぐに目にとまる海抜82mの真っ白なタワーが「古宇利島オーシャンタワー」です。3Fのオーシャンデッキからは青く輝く海を一望。館内には古宇利島の歴史を紹介する資料館やカフェ、レストランも併設されているので、ゆっくりと眺望を楽しみながらくつろぐことができます。
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
地図:Google地図情報
 

古宇利島のうにが食べられるおすすめのお店

うに丼看板

島を走っているとあちこちで見かけるウニ丼の看板

うに丼

古宇利島名物のうに丼。古宇利島に行ったらコレを食べなきゃ!

古宇利島名物といえばうに。沖縄でうに?とびっくりする人もいますが、沖縄でもうにが食べられるのです! 昆布やワカメを食べる北海道のうにとは違って、もずくやアーサーを餌にして成長する沖縄のうには本州で見かけるうによりもちょっと色味が白っぽく、とろ~っとした舌触りが美味。

このうにを目当てに古宇利島へ足を運ぶしまんちゅも大勢いるのですよ。毎年7月に解禁となると、島の店ではどこでもうに丼がメニューに並びます。夏に古宇利島を訪れたならぜひ食べてみたいメニューですね。

■島の駅
周遊道路沿いの丘側、島の北に位置しています。大きな看板も出ているので、島をぐるりと廻っていれば気が付くはず。海鮮丼、うに丼といった食事メニューの他、ぜんざいなど甘いものもあります。店からは古宇利島の真っ青な海を眺めることができるので、古宇利島での一休みにオススメ。
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2739-1
地図:Google地図情報

■パーラーまるみ
古宇利島入り口から、周遊道路を左へ行ってすぐのところにあるお店です。海の家みたいな雰囲気のパーラー。うにや海鮮がいただけます。サザエの壷焼きも人気メニュー。
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利1901
地図:Google地図情報
 

古宇利島のビーチ おすすめは渡海浜と古宇利ビーチ

とけいが浜

真っ白な砂と透明な海が魅力の古宇利島のビーチ。島の北にはこんなひっそりとしたビーチがあります!

古宇利島は車で一周しても10分ほど。あっという間にぐるりと廻れてしまいます。島全体がこんもりとした丘のようになっているので、島を一周する周遊道路は海沿いではなく高台を走ります。車で走っていると所々に海岸の方へ降りる細い道があるので、気になる道があったらそのまま海岸を目指してみてください。

畑道を進むと、島のあちらこちらで誰もいない貸し切りのビーチに出逢えるのも小さな島ならでは。自然のままのビーチを楽しむことができます。北側のビーチはそのまま外洋へと続いているので潮の流れが速く波が高いこともあるので、泳ぐ場合あくまでも無理はせずに。安心して海水浴を楽しみたい人は橋のたもとの古宇利ビーチがよいでしょう。

■渡海浜
島の北に位置するビーチ。周遊道路から小さいながらもちゃんと舗装された道を下って行くと辿り着きます。ビーチ周辺には、自然の風によって岩に穴があいたピポットホールと呼ばれる奇妙な岩の姿がチラホラ。魚の姿も見えるので、のんびりと過ごすのにオススメです。ただ冬場は海から吹き付ける北風が強くて厳しいかも。
地図:Google地図情報

■古宇利ビーチ
古宇利ビーチ

橋のたもとの古宇利ビーチは遠浅で設備が整った海水浴場

古宇利島に渡ってすぐ、橋のたもとにあるビーチ。海のわきの公園には売店やお土産もの、飲食店などが並び、トイレも設置されているので、ちゃんとした海水浴場で遊びたい人向けのビーチです。
地図:Google地図情報
 

ハートロック 恋愛成就のジンクスも

ハートロック

ハートロックを一目見ようとこの島を訪れる人も少なくありません (C)今帰仁村観光協会

島の北側にあるティーヌ浜にあるハート型の形をした岩。このハートロックが古宇利島を一躍人気の観光スポットにしたといったも過言ではありません。ちょっと昔は静かなビーチでしてたが、今では夏にはたくさんの海水浴客で賑わうリゾートビーチのようになっています。
地図:Google地図情報

関連記事:沖縄・古宇利島のハート岩を見に行こう!
 

古宇利島の伝説

古宇利島は沖縄版アダムとイヴの神話が残る島としても有名です。ハートロックのついでにそんな神話についても知っておいたほうが楽しいと思うのでご紹介しますね。

昔々、古宇利島に少年と少女がいました。彼らは裸のまま毎日空から降って来る餅を食べて幸せに暮らしていました。が、ある時、食べ物がなくなったらどうしようと思い、少しずつ餅を蓄えるようになったのです。すると、空から降って来た餅がピタリと降らなくなり、困った2人は空の月に餅を降らしてくれるよう歌ってお願いしましたが、二度と餅が降ることはありませんでした。それで2人は浜で魚や貝を獲るようになり生活や労働の苦しさを知ることになったのです。またジュゴンの交尾を見て、裸でいることが恥ずかしくなった2人は蒲の葉で身体を隠すようになりました。そんな2人にやがて子どもたちが生まれ、彼らの子孫が琉球人となった、と伝わるお話です。

つまり古宇利島の人はこの2人の祖先で、この島から沖縄全体に人が増えていったと伝えられるお話です。本当にまるでアダムとイヴですね。そんな伝説を知って訪れるとまたちょっと違った気持ちで古宇利島の風景が映るような気がします。

古宇利島の話、いかがでしょうか? とても小さな島で、あっという間に一周してしまいますが、目にする風景の素晴らしさはピカイチ! 何よりも静かで透明な海の水が楽しめるビーチがあるのがよいです。本部半島や今帰仁の観光ついでに絶対足を伸ばしてみる価値ありの古宇利島。チャンスがあれば、ぜひ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。