沖縄で南の島の御朱印をいただこう!

説明画像

ガイドが琉球八社をすべて巡っていただいた御朱印。御朱印は一筆300円でした

全国的な御朱印ブームはまだまだ健在ですが、沖縄でも御朱印をいただけるってご存知ですか?自然崇拝の島として知られる沖縄には神社があるというイメージがあまりないようですが、
実はあるんです! 今回は沖縄の御朱印事情について紹介いたします。

<目次>  

御朱印をもらえる琉球八社とは

説明画像

琉球八社で一番格の高い神社の波上宮。無人の神社の安里八幡宮と末吉宮の御朱印はこちらでいただけます

御朱印ガールの間で、非常にレアな御朱印として注目されているのが、沖縄の御朱印です。
 
先にも述べましたように沖縄は自然崇拝の島ですが、ちゃんと神社もあります。特に有名なのが琉球八社とも呼ばれる神社で、こちらで御朱印をいただくことができます。
 
琉球八社とは、琉球王国の時代に琉球国王から特別な位を与えられた神社のことで、現在でも島の人々から崇められています。琉球八社についてはこちらの記事をご参照くださいね。
 
さて、沖縄の神社ですが本土の神社とちょっと違うところがあります。それは、島古来の聖地と同じ場所にあるということ。神道の神社と自然崇拝の御嶽などの拝所が同じ場所にあるのです。
沖縄の人は、どちらも神様として崇めていて、神社のある場所はそのまま聖地なのですね。これって非常に沖縄らしいとガイドは思っています。訪れる方はぜひ、沖縄の自然の神様にも手を合わせていってくださいね。
 

琉球八社でいただける御朱印全公開!

実際に琉球八社に訪れたガイドが集めた御朱印をおみせしちゃいます!
まずは、波上宮の御朱印。
琉球八社:波上宮の御朱印

波上宮の御朱印


次は普天満宮の御朱印。こちらは時間があわずに、プリントのものをいただきました。
琉球八社:普天間宮の御朱印

普天満宮の御朱印


沖宮の御朱印。個人的には文字のバランスが良くて好き!
琉球八社:沖宮の御朱印

沖宮の御朱印


天久宮の御朱印は文字が太くてたくましい感じですね。
琉球八社:天久宮の御朱印

天久宮の御朱印


金武宮の観音寺の御朱印。こちらは金武宮が現存しないので観音寺の御朱印をいただきます。同じ敷地内で金武宮のご神体を祀っています。
琉球八社:金武宮・金武観音寺の御朱印

金武観音寺の御朱印


末吉宮の御朱印は、波上宮でいただきます。
琉球八社:末吉宮の御朱印

末吉宮の御朱印


安里八幡宮の御朱印も波上宮でいただきます。
琉球八社:安里八幡宮の御朱印

安里八幡宮の御朱印


識名宮には人が常駐していませんので、御朱印をいただくのはちょっとハードルが高いかも。もちろん、お参りはいつでもできますよ。
琉球八社:識名宮の御朱印

識名宮の御朱印

 

御朱印ガール注目の御朱印帳とは

説明画像

かわいいと大人気の波上宮の御朱印帳は1300円~。他に刺繍を施したデザインのものもあります

もうひとつ、今特に注目されているのが沖縄の御朱印帳です。中でも、波上宮で受けることができる御朱印帳は紅型のデザインが可愛いくて沖縄っぽいと、御朱印ガールの間で話題になっています。実際にデザインがかなりかわいい! ですが、あまりの人気のため品切れのなっていることも多いとのことですのであしからず。
 
説明画像

沖宮の御朱印帳は落ち着いたデザイン

ほかの琉球八社でも、オリジナルの御朱印帳があるところもありますので、気になる人は社務所にお声がけしてくださいね。
 
 

御朱印巡りおすすめコース

説明画像

国際通りから徒歩ですぐアクセスできる安里八幡宮。那覇にある神社は1日でまとめて巡ることができます

旅行中に琉球八社をすべて巡りたい、という場合は1日ではちょっと難しいかも。おすすめとしては、2日間に分けて巡りましょう。

■1日目
1. 沖宮……まずは那覇空港から市街地へ移動する途中で沖宮へ。
2. 末吉宮……沖宮のあと、はやい時間帯に向かう
3. 識名宮※……那覇エリアを巡る 
4. 天久宮……那覇エリアを巡る
5. 安里天満宮……那覇エリアを巡る
6. 波上宮……無人の末吉神社と安里天満宮の御朱印も合わせていただく
※ 識名宮は常駐の方がいない神社ですので御朱印をもらうのはちょっとハードルが高い
 
■2日目
7. 普天満宮……那覇市街から車で1時間ほどかけて移動
8. 金武宮……普天間宮から車で1時間ほどかけて移動

周辺にはほかにも見どころがありますので、沖縄観光ドライブと合わせて巡ってみてくださいね。
 
ブームの御朱印ですが、最近はお参りもせずにただ御朱印だけをゲットしていくという人がいることが危惧されています。御朱印とは本来、参拝をしてからいただくものです。沖縄で御朱印巡りをする際は、神社と聖地にしっかり手を合わせてから、御朱印をいただいてくださいね。


【関連記事】
琉球八社とは? 沖縄の聖地・パワースポット巡り
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。