マークXと同レベルの上級サルーンに成長

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はトヨタカムリ(現行)を取り上げたいと思います。トヨタ車のわりに今ひとつ知名度のない車ですが、その存在感の薄さが中古車フリークにとっては狙い目であることは、もうご存知の方も多いはず。そもそもカムリは、先代まではウインダム(北米ではレクサスES)と兄弟車でした。ウインダムが上級モデルという位置づけだったこともあり影が薄かったのだと思われます。

トヨタカムリ フロント

全長4815mm×全幅1820mm×全高1470mmというサイズは、旧型マークXより85mm長く、45mm幅広で、35mm高いという堂々たるサイズ。もともとはカローラ以上マークII以下、という車だったと思うのですが、立派に成長しました

この現行型からはウインダムが消滅した(レクサスESの国内版であるウインダムの販売をやめた)ため単独モデルに。ですから本来はここで脚光を浴びたいところでしたが、今度は同じトヨタのマークXとガチンコ勝負を挑まなければならないポジションに。カムリは本来マークIIより下の中級サルーンだったのに、気がつけば兄弟車のウインダムに引っ張られるようなカタチで上級サルーンという位置づけにまで“成長”していたのです。まるで久しぶりに会った甥っ子が、やけに立派な大学生になっていたみたいな。

それどころか、2004年11月に登場したマークX(旧型)と2006年1月にデビューしたカムリを比べて見ると、サイズはカムリのほうがすでに大きくなっています。また2台の新車時価格はほぼ同じ。マークXはFRでカムリはFFと駆動方式は異なるものの「なんで同じトヨタで、同じようなサイズで、同じような価格の車が必要なんだよ」と思われるでしょう。実は2台には大きな違いがあります。それは、マークXが国内専用車なのに対し、カムリは世界100カ国以上で販売されるモデルということです。つまりカムリは「日本でも」売られている、ということ。立派な大学生になった甥っ子は、何十カ国もの言語を操れるバイリンガルなのです。

トヨタカムリ  リア

トランクサイズは、先代に比べると小さくなりましたが、それでもゴルフバッグが4セット積めるなど十分な広さ。トランクスルー機構もありますから、スキーなど長いものも載せることができます

とはいえ日本に住む&中古車が欲しい我々としては、ベタな日本人かバイリンガルかうんぬんよりも、まずは中古車価格が気になるところ。そこで原稿執筆時点で2台の中古車価格を見てみると、マークXの250G Fパッケージが2005年式/8万km/修復歴なしが99万円、カムリの2.4Gが2006年式/6.9万km/修復歴なしで99万円というのが見つかりました。いずれもオプションのDVDナビつきです。新車時価格はマークX250G Fパッケージが246万円、カムリ2.4Gが247.8万円とほぼ同じですから、年式や走行距離を見る限り、カムリのほうがお得です。

マークXはその上のクラウンとシャシーを共有し、6ATですが、カムリは5AT。スペック的には少し見劣りするかもしれませんが、カムリにはカムリの魅力がまだまだあります。バイリンガルの甥っ子は、なかなかやりおるのです。そもそも比較したマークXは旧型ですが、カムリは現行モデルです。この秋には新型が投入されそうですが、それでも旧型マークXと比べたら新鮮度が違います。そもそもマークXより台数が圧倒的に少ないですからね。個人的には、中古車を買う時ってこうした新鮮度の高さは大きなポイントだと思います。

次ページでカムリの魅力をさらに見ていきましょう。