家計のムリ・ムダ・ムラをチェック

貯蓄1,000万円を実現するためには、まずは今の家計のムリ・ムダ・ムラをチェックして、どうやって効率よく「貯める力」をパワーアップするかを考えて、実行していく必要があります。

毎月の手取収入の1/3を貯蓄できる?

家族構成などによっても異なりますが、年収500万円ということは税金や社会保険料などを差し引くと、実質的な手取額は約400万円前後になります。お勤め先や世帯にもよりますが、イメージとしては毎月の収入が手取25万円(年間300万円)ぐらいで、別にボーナス50万円が夏冬2回(年間100万円)という感じです。

毎月の手取25万円の中から8万円貯蓄をすると、約1/3を貯蓄に回す計算になり、差し引きして残る17万円で家計をやりくりするということになります。こう考えるとちょっと厳しそうですが、いろいろな方法があります。

年収500万円世帯が1年間で100万円貯めるのは不可能ではない!

毎月の貯蓄がきつい場合は、貯蓄額をもう少し減らして、ボーナスから貯蓄に回す方法もあります。例えば毎月5万円の貯蓄(年間60万円)にして、ボーナスごとに20万円(年間40万円)の合計100万円という作戦です。

ただ、毎月の負担をさらに少なくし、ボーナスの時にたくさん貯めるということには注意が必要です。ボーナスは会社の業績や景気などによって変動が大きいため、依存度を高めてしまうと、計画通り貯蓄できない場合もあります。

毎月8万円に対して、月5万円の貯蓄ならハードルも少し低くなります。現在、毎月貯蓄している金額にもう少し上積みできれば、実現可能ではないでしょうか?

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。