直ぐに別れてしまう理由、その1。将来のパートナーには厳しい

恋愛向き

性格もルックスも好み…だけど結婚向きじゃない! この場合の対応は?

1つは、「恋をするだけならいいけど、将来のパートナーとして考えると厳しいから別れた」というもの。つまり、ある意味、相手選びに慎重になっているということ。これは、20代と何ら変わりないといえば変わりない。たしかに、恋人ならともかく、生涯のパートナーとして考えると、何かと慎重にならざるをえない。(それで、付き合うところまでも行けない男女もまたたくさんいる)。

すぐ別れてしまうくらいなら、もう少し、相手をよく見てから付き合えばいいのに…という意見もあるけれど、男女は、きちんとヒザをつきあわせて付き合ってみないと分からない事も多々あるので、難しいところ。

とりあえず、付き合ってみるにせよ、曖昧な関係を続けて観察するにせよ、またまた、勢いで結婚してみるにせよ。結局、「生涯のパートナーになりえるかどうか」はそう簡単には分からないものだとおもう。

だけど、「付き合ってみたら、理想と現実の相手が違ってしまう」という人は、付き合う前に、その相手に、絶対的に好きなところが1つあるかどうかをチェックしてみたらいいんじゃなかと思う。

恋愛は、続けて行くうちに必ず相手の欠点が見えてくる。将来を見据えた真剣な交際であれば、なおのこと。どうしても、嫌なところが目についてしまうもの。特に女性って、減点法で恋愛する人が多い。最初は、自分の理想を相手に勝手に重ね合わせて、気持ち100点から始まって、その理想とズレたり、怒りポイントが出てくると、どんどん減点。いつのまにか、あっさりと嫌いになってしまう。でも、そこで、たったひとつでも、相手の中に、絶対的に好きなポイントがあったら――。

それが、他の誰にも代えがたいところであったら、たいていの嫌なところは我慢出来たり、忘れたりできるもの。異なる人間、しかも男女がずっと一緒にいるということは、我慢と、その解消の繰り返しなのだから。我慢を解消すべき、大好きポイントがあればいい。大好きポイントは、顔でも、身体の部位でも、性格でも、どこでもいいから、自分にとって大事なポイントを持っているかどうかをチェックしておきたい。