ある程度、経験を積んだはずの30代、40代でも恋が続かない人が増えている。その傾向と対策、第二弾は、「せっかく付き合うところまではもちこんだのに、その付き合いが長続きしない人たち」について。

第一弾は、出会って仲良くなれたのに、相手側からリアクションが薄くて、恋愛関係までは進まない場合。
>>> 「尽くしても友達どまりで終わる理由」


30代以降で付き合うということ

30代からの恋愛

結婚しないと生活ができない、といった差し迫った理由がないのが現代の恋愛

そもそも、30代以降ではっきり付き合うという形をとるからには、はっきりした目的や理由、それなりの勝算があるものかと思っていた。もちろん、その目的や理由や勝算は「結婚」とは限らないけれど。

まさか、10代や20代前半のように、勢いで付き合ってしまって、結局、いまいち好きになりきれなかったからとか、相性が合わなかったから別れるというのとも違うはずだと想っていたけれど、どうやら、最近はそういう人も多いらしい。

よく考えてみれば、上の世代に比べて、生き方の選択肢が増えて、年齢に関する縛りが緩くなった現代のover30にとって、恋愛と結婚に対する意識は、10代や20代と何ら変わりないもの(=漠然としたもの)なのかも。

いろいろな事例を聞いていると、アラフォーなのに「すぐに別れてしまう」理由はおもに2つに大別される。