ビスポークのスーツのように、味わいと品質を兼備

厳選した最高級の素材で仕立てた筆記具は、手にするだけで上質な気分

厳選した最高級の素材で仕立てた筆記具は、手にするだけで上質な気分

デルタが創設されたのは1982年。比較的最近だが、南イタリアのパレーテが発祥地とうことで、アルチザン(伝統職人)による最高水準の製品づくりを目指している。その品質が認められ、1994年にナポリで開催された「G-7サミット(先進国首脳会議)」では、各国の調印式にデルタの万年筆が採用された。

万年筆のサイドレバーを起伏させるインク吸入システム、上着のポケットを傷めないローリングウィール(車輪)クリップなど、独自に開発した数々のシステムからはこだわりが感じられる。また、金や銀、セルロイドや特殊レジンなど、厳選した素材の筆記具作りでも高評価を獲得。妥協知らずの作りも真骨頂で、高級筆記具ブランドとしても誇りが随所に見て取れる。“流儀の表現”としての紳士的な筆記具が揃っている。

その一方、少数民族をフィーチャーした限定モデル「インディジナスピープル コレクション」も特徴的。実はこれまでにも「アイヌ」、「コサック」、「マオリ」、「トゥアレグ」、「イヌイット」、「ネイティブ アメリカン」、「マサイ」といった民族にスポットを当てたコレクションも発売してきた。象徴するモチーフや色柄を、筆記具という限られた空間で表現するデザイン性にも脱帽するしかない。

次のページでは、定番的なモデルを詳しく紹介する。