世界に打って出るための国産筆記具

創業当時のセーラーの正門前

創業当時のセーラーの正門前

イギリス留学のお土産。それがセーラー誕生の契機となった。海軍の技師から贈られた当時最先端の万年筆に刺激を受けた阪田久五郎が、金属文具工場を経営していた兄の斎次郎と協力し合いながら、日本初の国産万年筆の生産を漕ぎ着けたのだ。

ちなみにセーラーというネーミングも海軍から来ている。当時から海軍の重要拠点であった呉を拠点としつつ、矢面で奮闘する水平(=セーラー)を社名として付けたのである。

阪田久五郎は1911年に独立し、文具類の製造・販売を始める。そして1948年には国産化初のボールペンの発売を実現した。さらに1958年にはカートリッジ式の万年筆を販売。1963年は、時代の流れを読んでバカンス用のペンとして打ち出したミニ型万年筆「ミニエース」を売り出し、成功を収めた。

その後も、毛筆の良さを取り込んだ「ふでペン」、女性をターゲットにしたカラフルな万年筆「キャンディ」、細身が売りの「ホスカル」や「シャレーナ」など、刷新的なヒットモデルをいくつも生み出した。その一方、1981年には万年筆の王道を行く「プロフィット」シリーズを発売。シンプルなデザインながらバランスや書き味に優れる仕上がりは支持が熱く、世界のトップブランドとしての地位を固めた。

次のページでは、さらなる歴史とブランドの代表的モデルを紹介する。