Wiiに感じた、違和感

Wiiで遊ぶ図

Wiiリモコンの分かりやすい新鮮な驚きは、普段ゲームをしないような人にまで広がっていきました。

Wiiというハードが世に出た時、ゲーム業界は大きく変化しました。ボタンの組み合わせによる複雑な操作を覚えずとも、ゴルフならWiiリモコンをクラブに、テニスならラケットというように見立てて、後は実際と同じイメージでただ振るだけでゲームが遊べるようになりました。それは、ゲームに詳しくない非ゲームユーザーやライトユーザーにとって、非常に分かりやすく、また、これまでのゲームよりもリアリティのあるものとして受け入れられました。

しかし、そこにはある違和感があります。分かりやすさはともかく、本当にリアリティがあったのでしょうか。客観的には確かに、何をするにも小さな丸いボタンを押しているだけの姿よりは、ゲームのキャラクターと同じように実際に体を動かすゲームの方がリアリティがあるように見えます。しかし、多くの熟練したゲームユーザーの頭の中ではそうではないかもしれません。

例えて言えば、文字で読んでいた時は想像の世界で果てしなく膨らんでいたイマジネーションが、映像にしたら逆にしぼんでしまったような、そんな印象を覚えることがあります。誤解のないように、Wiiのゲームは面白く無いとか、ゲーマーは楽しめないとか、そういう話ではありません。しかし、Wiiリモコンを使うことで分かりやすくすることと引き換えに、何かが欠けることもあったように思います。少し、丁寧にお話していきましょう。

ボタンは、重たくなったり、軽くなったりする

ボタンで遊ぶ図

ゲームが好きな人達というのは、ボタンを通して、本当に剣を振ったり、魔法を唱えたり、そういうイメージを持つことができるんです。

そもそも、ゲームというのは突き詰めて考えれば、親指や人差し指でボタンをポチポチと押すだけの遊びです。ゲームを遊ばない人がその様子を見て、何時間もただ座ってポチポチやっているのが面白いなんて意味が分からないと言ったとしても、それは当然のことかもしれません。

しかし、ゲームユーザーの頭の中では、そのただボタンを押すだけの行為が、驚くべき広がりを持っているのです。コントローラーについた小さなボタンは、プレイヤーキャラクターが巨大なハンマーを振り回す時にはグンと重くなり、小刀で連続攻撃をしかけるならばスッと軽くなります。本当に重たくなったり軽くなったりするわけはありませんが、しかし感覚的には確かに、重さが変わります。バズーカを撃てば反動を感じ、柔らかいものを殴れば手応えはなく、異議ありと叫べばボタンを押しているだけなのに右手の人差指で相手をビシィッと指差しているかのような気持ちにすらさせます。よくできたゲームというものは、お話が面白いとか、システムが凝っているとかいうだけではなく、ボタンを押した時に画面や音でどんな反応を表現するかによって、プレイヤーの想像力を刺激して、ゲームの世界にひきこんでくれるものです。

ただしこれには問題もありまして、このゲームの世界に引き込まれる感覚が分かる人にはいいんですが、ゲームを体験していない人には、その姿になんの魅力も感じないということなんです。ただ、ボタンをポチポチ押しているだけです。ここに、ゲームユーザーとそうでない人の断絶があり、その間を埋めるべく誕生したのがWiiでした。