【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

いい女になるためにはいい男との恋愛

いい女になるには婚活はやめる

いい女になるにはいい男を恋愛をする

つい先日、50歳の素敵なおじさまとお話させていただく機会があった。会話の中で私が「いい女になりたいんです」と言ったら、おじさまに叱られた。「いい女になりたいんじゃなくて、いい男と恋愛しなさい。そうすれば自然といい女になれるから。いい女になりたくて自分磨きなんて、やめたほうがいい!」と。

いい男の特徴とは?

ではいったい、いい男の定義とはなに? 世間一般の女性がどう考えるのかはわからないけど、個人的に思う、いい男とはこれだった。
いい男とは女性を認めお互いが向上できる関係を築ける人

絵に描いたような完璧な男は、確実にいます。出会えるかはあなた次第

・仕事ができて当たり前
・しかも、その業界でトップに上がれるぐらいの実力がある
・今現在、仕事が絶好調にノッている
・女性を馬鹿にしない
・同性にもモテる

完全に自分の好みを書いてしまいましたが、一言でいうと、タダモノじゃない男(笑)。そんな男性の回りには、女性がいっぱい寄ってくることぐらい想像がつくし、タダモノじゃない男の後ろにはタダモノじゃない女がいることが多い。

「彼女いるの?」と質問しなくても、そんなことは雰囲気で、一発でわかる。まさにここは、恋愛激戦区。片足踏み入れて、引き返すこともできなくない。だけど、簡単に落とせる男性と恋愛したって、先が見えていて、ちっとも面白くない。
 

いい男との恋愛は、隙間産業的な愛を探す日々

昔、負け戦を覚悟で、恋愛激戦区に身投げしたことがあった。そこでまず感じたのは「この人素敵だけど、私が入り込む隙間がないじゃん」ということ。まず、いい男は忙しい。それに仕事人間だから、そんな彼が選ぶ女性といったら、自分の社会的立場を一緒になって守ってくれるような、賢い女性。予想はついていたけれど、あの頃の自分には太刀打ちできなかった。

若手の新人選手として彼のチームに入ったものの、ベテラン選手たちの守備が堅すぎて、なかなかパス回ってこないんですけどー! 状態。最初はどうしていいものか困った。相手が普通の男の人なら、自分でもベテラン選手と選手交代できたかもしれないけれど、なんてったって彼はタダモノじゃない。ベテラン選手たちと選手交代したところで、自分にはその役目が務まらないのもわかっていた。そもそも人生経験が、彼と私では釣り合っていなかったから。

もう、悔しくてたまらなかった。でも絶対にこの経験を無駄にしたくないと思った瞬間に、吹っ切れた。「負けるが勝ち」という言葉がある。この状況を逆手にとろう。彼との恋愛で、彼に一皮剥いてもらって、いい女に変身させてもらおう。彼を通して、目には見えないベテラン選手たちがどうやって彼をサポートしているのか、ノ
ウハウを盗もう。

そう思い立ったら、ベテラン選手たちにはリスペクトの気持ちしかなかった。本当にいい女にはライバル心なんて持てない。寧ろ、憧れが強かった。「彼をいい男にしてくれてありがとうございます。ちゃっかり、オイシイところだけいただきます」と。
 

「遊びの恋愛」は女を馬鹿にしている男性がするもの

彼がもし、女を馬鹿にする男なら、遊ばれて終わるのはわかるから、最初から飛び込まなかったけれど、彼はそうではなかった。人徳も運も持ちあわせている男性は、女を馬鹿になんてしない。馬鹿にしたら、いつかは足元をすくわれることを知っているから。
彼の行動を参考にする

彼の生活に足りないものは刺激? 癒し? あなたが満たせる部分は?


無謀な恋愛といわれるかもしれない。だけど、彼と結婚をするわけでもないし、学べることは沢山あるだろうなと思っていた。例えばの話、自分自身の人間としてのキャパシティが50しかなくても、キャパシティ100の彼に満たしてもらう愛情は大きい。だからもうこの関係は、恋愛のグレーゾーンとして割り切るしかなかった。彼と
自分の接する面は小さくても、毎回満杯に満たしてもらえるんだからいいやと思ったし、たまにしか会わない関係だからこそ見つけられる、隙間産業的な愛はあるはずだと信じていた。

彼の生活の隙間のどの部分が空いているのか、必死に探った。どういうことを言ったら喜んでくれるだろうとか、彼のチームにいなそうなキャラはどんなキャラだろうとか…笑っちゃうぐらいの些細な抵抗をしながら、そうやって距離感を、少しずつ掴んでいくしかなかった。
 

大人だけど大人じゃない、24歳という微妙な年齢

24歳という年齢は、なんだか中途半端な立ち位置だなぁと思ってしまう。恋愛に関しても、普通の男性では物足りないのはわかりきっているし、かといって、今はまだいい男を転がせるような経験や器はない。

同い年の女友達と話したら、彼女も似たようなことを感じていた。「私、気付いたの。彼の前ではいつでもニコニコ笑ってるのがいちばんだよ。喧嘩しても反抗しても、大人の対応されて言いくるめられちゃうだけから。ほんとは超悔しいし野望に満ちあふれているけどね。女らしく可愛く、なにもわかってないフリをするの」

彼女の言いたいことは、よくわかった。そんな彼女が読んでいた本が「賢い女は男を立てる」というタイトルで、彼女の意識の高さは普通じゃないと思った。私と同様、彼女も彼女で負け戦を重ねてきているのだ。

そして「ここ2,3年が勝負だよね。今は勉強の時期」と、誓い合った。一般的な24歳の女性なら、恋愛に安心を求めるのだろう。だけど私たちは、人生を前のめりで経験してきた組なので、その時期は越えていた。過去の恋愛の失敗から、自分の心は自分で満たせるように自立しなければいけないことに気付いてきた。

仕事でも成功したいし、女としての人生も勝ち取りたいというハングリー精神が私たちの根底にはあるから、今は踏ん張るしかない。目先の一番や、20代でする仕事の成功なんて大したことはないんだとわかってる。だから今は、失敗を恐れずたくさん負け戦を経験する必要がある。

実際のところ、3年先、10年先のことまで見越して恋愛しているので、負け戦でも負けじゃない。負け戦を選べた時点で、勝ちだと思っている。いい男は、しがみついてでも離さない(笑)
 

いい男との恋愛が、女性に教えてくれること

冒頭で触れた「いい女になりたいんじゃなくて、いい男と恋愛しなさい」という、おじさまのアドバイスは、的確だった。いい男と恋愛するのは、楽しいことばかりじゃない。いい男には余裕があるし、モテるに決まっているんだから、自分の思い通りにいかないことのほうが多いと思う。でも、そこでひとつ、大切なことに気付かされた。それは、いい男と本気で恋愛したいのなら、いい男を上回るぐらいの女にならないと駄目だということ。

綺麗にメイクしたり、お洒落したり、そんなことじゃいい男の心は奪えない。私たちは女だから、時間やカラダなら簡単に奪える。だけど、心を根こそぎ奪うには、人間としての魅力がないと無理なんだと思った。彼といっしょにいる時間に、どんな言葉を言ったらいいとか、そういう小手先のテクニックではない。要は、存在から。
女性として自身ある行動

彼氏がいない間自分の時間を楽しむ


自分という存在を、愛して、楽しんで、彼がいない時間にも輝いていられる女性でいることが最も大切なんだと気付いた。自分が尊敬している彼にも、同じように尊敬されるようになるには、目の前にある仕事を一生懸命やって結果を出していくしか道はない。それをすることでしか、次のステージには進めないと思った。

今、振り返ってみると、彼に構ってもらえなかった時間があったからこそ良かったと思う。経験値もなにもかも、釣り合わなかったから良かった。彼の存在は、未熟な私を頑張らせてくれる起爆薬だった。グレーゾーンの恋愛だったけれど、彼の影響は大きかった。

だけどまだまだ、終わりがない。自分の価値ぐらい自分で決めたいもの。彼との恋愛さえも踏み台にして、本物のいい女になるんだ。悔しい想いは、そっと胸におさえて。飽くなき、ハングリー人生。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。