USB外付けHDD対応で、容量をアップできる

背面にあるUSBハードディスク接続専用USBポートでHDDを接続。最大4TBまで接続して使用できる

背面にあるUSBハードディスク接続専用USBポートでHDDを接続。最大4TBまで接続して使用できる

従来、普通のブルーレイレコーダーは内蔵ハードディスクにしか録画ができなかったのだが、RD-BZ810は外付けUSBハードディスクを接続して録画ができてしまうのが凄い。これによって、従来のレコーダーよりも長時間の録画を保存することが可能になった。この機能は同社のテレビREGZAの一部機種などにも前から実装されていたため、信頼度も高い。もちろん、すべてのハードディスクで動作が確認されているわけではないため、ホームページで対応ハードディスクを確認してから接続すること。

 

一気見のときに便利なマジックチャプターが2番組に対応

設定は簡単で、録画時にマジックチャプターを「入」にするだけだ

設定は簡単で、録画時にマジックチャプターを「入」にするだけだ

東芝のレコーダーで便利なのが、録画の本編とそれ以外の間に自動的にチャプターを作成してくれる「マジックチャプター機能」。録画しておいた番組を一度に見たいときなどに便利な機能だが、本機ではWチューナーで2番組を録画しているときに、両方の録画番組にチャプター作成ができるようになった。もちろん自分の目的の再生位置の頭出しを素早くするときにも役に立つ。