ビギナーからベテランまで使える

操作に迷ったらスタート画面を表示させよう。それぞれの操作で何ができるか表示されるので迷うことはなくなるだろう(画像クリックで拡大表示)

操作に迷ったらスタート画面を表示させよう。それぞれの操作で何ができるか表示されるので迷うことはなくなるだろう(画像クリックで拡大表示)

操作方法は全体にベテラン向け風味だが、リモコンの対応ボタンで番組表、再生などを呼び出せるので、慣れれば不便は感じないだろう。ビギナーユーザーはシンプルリモコンを使って、基本操作がまとめられたスタートメニューから操作すると使いやすい。基本的な操作方法や画面構成などは従来のRDを継承したものなので、従来のユーザーならすぐに使いこなせるだろう。

 


長時間録画の画質が少し低いのが残念

長時間録画モードは細かく設定できる(画像クリックで拡大表示)

長時間録画モードは細かく設定できる(画像クリックで拡大表示)

無圧縮のDR録画はそれなりだが、長時間録画での画質はトップレベルのレコーダーには差をつけられる感じ。長時間録画は最長で10倍録画ができるが、画質的にはあまり期待するとがっかりするかもしれない。全体の画質傾向としては精細感はあるが、発色やコントラストは高くなく、優等生的に無難にまとめられた画質と言える。

 

W録画時の録画予約は扱いやすくなった

番組表もジャンルによって色分けされていて見やすい(画像クリックで拡大表示)

番組表もジャンルによって色分けされていて見やすい(画像クリックで拡大表示)

デジタルWチューナーで同時2番組の長時間録画が可能。かつては録画に使用するチューナーをユーザー自ら選択する必要があったが、RD-BZ810では2つ目の録画をするときにチューナーを重複して選択していると、自動的にもう1つのチューナーに設定されるなど、利便性が向上。登録した番組名やキーワードから、番組を自動録画してくれる「お気に入り予約」も便利だ。

 

シンプルで扱いやすい再生機能

録画一覧(見るナビ)は、大きなサムネイルと番組名が表示されるので、何が録画されているかわかりやすい

録画一覧(見るナビ)は、大きなサムネイルと番組名が表示されるので、何が録画されているかわかりやすい

ダイジェスト再生機能はないが、マジックチャプターによるおまかせプレイで、本編部分だけを再生できるのは便利。録画リスト(見るナビ)は大きなサムネイルでの表示だけではなく、フォルダ表示、リスト表示など、見やすい方法に切り替えられる。ただサムネイル表示は、大画面テレビが主流の現在では、もっと小さくても十分かもしれない。録画番組をフォルダで管理することができるのは、RDならではの便利な機能だ。

 

本リモコン+シンプルリモコンが付属で便利

シンプルリモコンは、番組の録画や再生、ブルーレイの再生など、よく使う操作だけが簡単にできるようになっている(画像クリックで拡大表示)

シンプルリモコンは、番組の録画や再生、ブルーレイの再生など、よく使う操作だけが簡単にできるようになっている(画像クリックで拡大表示)

リモコンが2つ付属。メインのリモコンは高機能レコーダーらしくボタンが多いが、主に使うカーソル+決定とメインのナビボタンは、特に使いにくさなどはあまり感じない。ただボタンを押したタッチが、ややぐにゃぐにゃしているので、もう少し押しやすさを期待したい。初心者や複雑な操作を必要としないユーザー向けに、ボタンの少ないシンプルリモコンも付属。よく使う機能だけがまとめられていて、より気軽に使えてよい。

 


【関連リンク】
東芝 ブルーレイレグザ RD-BZ810




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。