進化を続けるH.264変換機能


映像をより圧縮率の高いH.264形式に変換して記録することで、長時間録画を可能にするH.264変換機能は昨年末から登場してきた機能です。その時点では、H.264変換機能を搭載するレコーダーはソニー、パナソニック、東芝などから登場していました。

H.264変換機能は高い人気を得ることに成功し、今年の年末商戦に向けて登場してきたソニー、パナソニックらのレコーダーも当然、このH.264変換機能を搭載しています。しかし、その機能は改良され、かなり向上しています。

今回の記事では、ソニーとパナソニックの第2世代H.264変換機能がどんな進化をしているのかを紹介し、実際の両者の画質を比較してみます。

CREAS
新BDZの最上位機種BDZ-X100。


■Contents
1. ブルーレイDIGAのH.264変換の進化
2. ソニーBDZのH.264変換機能の進化
3. ブルーレイDIGAとソニーBDZのH.264変換画質の比較
4. まとめ

次ページではブルーレイDIGAのH.264変換機能がどう進化したかという話をします。