今回の震災で、普段の生活時から災害に関する情報収集の重要性に改めて気づかれた方も多いのではないでしょうか? 前回、Twitterを中心にした情報収集、共有に関して必要なサイト、方法をご紹介しました。
今回はPCサイト、スマートフォンアプリ、ケータイサイトなどでTwitter以外でそれぞれ日頃の情報収集、災害発生時、災害後と時系列に沿ってお役に立つサイトをご紹介します。まずは災害が起きる前、日頃の情報収集に役立つサイトです。


地震だけではなく台風、噴火などの気象の情報は気象庁で

気象庁では台風、津波、土砂災害などの情報はもちろん、地震、噴火などさまざまな災害の情報を掲載しています。
気象庁のサイトで常に気象情報をチェックしましょう。

気象庁のサイトで常に気象情報をチェックしましょう。


地震は過去一週間に起きた震源、震度、余震などの情報まで詳細に調べることができます。また東海地震に関する情報も掲載されていますので、今後に備えた情報収集にも役立つサイトです。


電力予報、節電の知恵などを公開「Yahoo!節電・停電」

Yahoo!Japanによる東京、東北電力管轄の方向け、節電、停電情報サイトです。向こう一週間の電力使用ピーク時間予報や停電の際に注意すること、節電の知恵袋など電気に関する情報を入手することができます。
省エネ、節電など電気に関する情報はYahoo!節電・停電で

省エネ、節電など電気に関する情報はYahoo!節電・停電で


電力使用率、節電方法などをiPhoneやAndroid携帯からも閲覧できるアプリも用意されているほか、一般の携帯からも閲覧ができます。震災、復興支援、原発などのカテゴリもありますので、情報収集には最適なサイトです。


携帯で緊急地震速報を契約する

今回の震災以降、関東以北の方の多くが携帯の緊急地震速報を利用されているのではないでしょうか?ここで各キャリア別の契約方法とスマートフォンで利用できる地震速報アプリをご紹介します。

■ドコモ(緊急速報エリアメール)
被災の恐れのある地域に一斉にメールが送信されます。緊急地震速報のほか、災害・非難情報を受信することもできます。

■au(緊急地震速報)
震源地周辺のエリアのauケータイにCメール (専用受信ボックス) で一斉に送信されます。

■ソフトバンク(緊急地震速報)
最大深度5弱以上の地震が発生した際に震度4以上が予測される地域に速報が一斉配信されます。

どのキャリアも基本、利用は無料ですが、一部機種において設定が必要であったり利用できない機種もありますので、詳細は各キャリアのリンクを確認してください。


スマートフォンでも地震速報を受信できるアプリ
「ゆれくるコール」

iPhone、Android携帯で利用できる緊急地震速報アプリです。気象庁より配信される高度利用者向け緊急地震速報を利用して通知されます。
iPhone、Andloid携帯どちらでも利用できる「ゆれくるコール」

iPhone、Andloid携帯どちらでも利用できる「ゆれくるコール」



画像はiPhone版ですが、 Android版も用意されています。

次のページでは災害発生時に役立つサイトをご紹介します。