不動産売買の法律・制度/キーワードでみる土地・住宅選びのポイント

道路の亀裂、ひび割れ

もし購入しようとする住宅や土地の周辺道路に、亀裂やひび割れがいくつもあったら、どのように考えるべきでしょう? 軟弱地盤のおそれはないのでしょうか?

執筆者:平野 雅之


実際の購入を検討する住宅や土地が見つかったら、その周辺を歩いて道路の様子もしっかりと観察してみましょう。ほとんどアスファルト舗装されていることと思いますが、その路面に亀裂やひび割れが生じているケースも少なくありません。

道路の亀裂

地震によって生じた亀裂(千葉県浦安市内)


道路に亀裂やひび割れが生じる原因はさまざまです。地震によって一瞬にできる亀裂もあれば、長年の劣化、疲労によってできるものもあります。アスファルト舗装面の温度変化に伴う収縮・膨張の繰り返しによる亀裂や、過大な交通量による反復作用で生じる亀裂、寒冷地であれば土壌凍結などによって「低温ひび割れ」が生じる場合もあるようです。工事の不良によるものも、決してないとは言えないでしょう。

道路の亀裂

マンホール位置が起点となっている亀裂も


また、それまでなかったところに新設された道路では、盛り土をしたうえでアスファルト舗装がされている場合もあります。そのような道路の亀裂なら、盛り土の締め固めが不十分だったことも考えられるため、必ずしも周辺宅地の地盤と関係があるとはいえません。

道路の亀裂

道路を横断する亀裂には注意が必要


しかし、古くからある道路、宅地と同一平面上の道路、宅地より低い位置にある道路などで亀裂やひび割れが目立つようであれば、地盤に問題がないかどうか十分に注意が必要です。劣化などに伴う亀裂やひび割れは、舗装の継ぎ目などに直線状に生じることが多いようですから、そうでない不規則な亀裂などの場合には特に気を付けなければなりません。

道路の亀裂

亀裂の原因をよく考えることが大切

道路の亀裂

割れ目から草が生えてくることも


下の写真は東京近郊の某市で4年ほど前に見つけたものですが、古くからある街道沿いの歩道に亀裂、ひび割れが延々と200メートルあまり続いていました。調べてみると実際に地盤が弱いようで、これに面した家の裏側では地盤の沈下も見られました。

道路のひび割れ

歩道に生じた亀裂、ひび割れ


極端な亀裂やひび割れは誰でも気付くものですが、これらがきれいに補修された直後にはなかなか分からないものです。何らかの異常がないか、神経を研ぎ澄まして周囲をじっくりと観察することも必要でしょう。

道路の亀裂

路面のわずかな陥没によって亀甲状クラック(ひび割れ)が生じることも

道路の亀裂

まだらな補修跡にも要注意


周辺の道路に亀裂やひび割れが目立つときには、住宅や土地の購入を決める前にしっかりと地盤調査をしてもらうことも考えるべきです。それが難しい場合でも、地盤に関する公的な資料をよく調べるなど細心の注意は欠かせません。

道路の亀裂

適切な補修がされないと、路面の劣化はどんどん進む


もし、敷地の地盤そのものには問題がなくても、道路の亀裂やひび割れがそのままずっと放置されているようであれば、自治体の財政難による不十分な管理、あるいは交通量が過大であることなど、別の問題を内包している可能性も考えられますね。

関連記事

不動産売買お役立ち記事 INDEX

【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます