人と語らうキャンドルの灯り 

無垢の木を使ったホテルのレストラン

写真1.無垢の木を使ったホテルのレストラン

ハイサイドの窓から朝日が差し込む

写真2.ハイサイドの窓から朝日が差し込む

デンマークでは、人と語らう場所には必ずキャンドルの光を灯しています。しかも夕方だけでなく、朝でも昼でもキャンドルを点けています。写真1は旅の拠点となったコペンハーゲンのホテルのレストランです。

無垢の木を使った重厚なインテリアに加えて、照明は電球色による暖かな光によって、より木のぬくもりが伝わる落ち着いた雰囲気でまとめられています。この写真は朝食時に撮ったものですが、各テーブルにはキャンドルが灯され、ブラケットに見える壁の光もキャンドルです。
 
このレストランは半地下にあるのですが、ハイサイドの窓からは朝日が差し込み、キャンドルの光とともに気持ち良く食事をすることが出来ました。(写真2)

次のページでは修道院を改修した人気のレストランをご紹介します。