今回はストック住宅(中古住宅)に関するシリーズの最終回です。これまでに中古住宅についての概況や住宅業界の様々な取り組みをご紹介してきましたが、今回は「究極の」というべきハウスメーカーの取り組みについてご紹介します。

オーナー住宅買取再生事業を展開

エバーループ

積水ハウスの「エバーループ」物件(左)。外観的には、右奥の建物からリニューアルされたというイメージ。例えば、窓の位置などが全く異なっている(クリックすると拡大します)

まず最初は、戸建て住宅最大手の積水ハウスの取り組みから。積水ハウスでは2007年からオーナー住宅買取再生事業「エバーループ」をスタートし、実績を積み重ねています。これは建築後20年から30年経過した建物を、同社がオーナーから買い取り、大幅なリニューアルを実施した上で、新たなオーナーに提供するという仕組みです。

特徴はいくつかあるのですが、まずは建物自体について。リニューアル工事は、通常のリフォームの範囲を大きく超えた規模で実施されます。例えば、基礎と躯体を構成する鉄骨部材だけを残し(もちろんその安全性や耐久性を確認)、外壁材や屋根材、内装材、設備を全てリニューアルするケースもあります。

20年~30年前に建てられた住宅ですと、間取りや開口部の取り方は、現在の住宅ニーズと大きく異なっています。例えば、古い住宅ですと玄関スペースに階段が設置されることが多かったですが、現在はリビング空間に階段スペースを設けることが多く、そのような変更も行われれます。

もう一つの特徴が、新旧オーナーのメリットについてです。旧オーナーは、住宅を売却する際、積水ハウスに売却することで、一般市場よりも有利な価格で売却することが可能です。通常、住宅(土地も含めた)は築後20年もすると、建物価格はゼロとされ、価値は土地代だけとされます。

新築に比べて値頃感があるのも魅力

しかし、独自の査定システムを導入することで(前回の『スムストック査定』をイメージするとわかりやすいと思います)、一般市場より上乗せした価格を実現します。これが、旧オーナーの大きなメリットといえます。

エバーループ室内

エバーループ物件の内部空間。最近の住宅ニーズを反映させた設えに変更されている。キッチンは、子育てに配慮した対面型に

新オーナーのメリットとしては、中古住宅とはいえ、積水ハウスのフルスペック(例えば耐震性や断熱性など)にバージョンアップされた建物を、新築よりは値頃な価格で購入できることがあげられます。保証も新築住宅と同様で、それも魅力の一つ。

もう一つ、新オーナーに魅力なのが立地です。積水ハウスの住宅が建てられているエリアは、例えば郊外の大型宅地など、自然環境に優れ、子育てをするのに良好な立地にあることが多いのです。そうした立地にある建物を、新築並のスペックで土地とセットで取得できるのは、新築にはないお得感があります。

このようなスキームは、例えばミサワホーム「ホームエバー」などがあり、近年少しずつ行われるようになりました。次のページでは、もう一つ特徴的なストック住宅の取り組みをご紹介します。