●結婚に対しても無関心である
もう一つ気をつけるべきポイントをお伝えしましょう。それは、二人の結婚に関しても無関心な男性です。ある程度の期間付き合っているのに、あなたが結婚の話をチラつかせても、ついはぐらかして逃げたり、仕事を理由にまだ考えていないと平気で言ってしまうような男性です。

いつも言うのですが、男性にとって仕事はとっても都合の良い言い訳になります。今はまだ経済的にも不安であると言うかも知れませんが、実際に付き合っていれば、あなたも彼のある程度の経済事情はわかることでしょう。

それは本当に結婚できないだけの経済状況なのでしょうか?もちろん以前よりも社会の経済状況も極めてシビアになってきています。今後、しばらくは右肩上がりで経済状況が上向くことは極めて難しいでしょう。その覚悟をお互いに持って結婚生活に臨まねばいけない時期に来ていると思います。

けれども、経済的な理由だけにした場合には、それでは多くの男性は結婚できなくなってしまいます。こんな時代だからこそ、金銭的にもネガティブな感性を持った人よりは、より前向きに今の現状を打破しようと取り組む決断力と責任感を持ち合わせた男性と結ばれないと、将来はかなり振り回されることになるでしょう。

●一度でも浮気をした経験がある
もう一つの男女の別れや離婚の大きな原因の上位に必ずあがる、「男性側の浮気」という問題です。これは二人の関係性の程度にもよりますが、付き合っている過程の中で一度でも浮気が発覚した場合には注意が必要です。当然ながら、その時点で彼に対しての信頼関係も揺らいだとは思いますが、ついつい相手を好きな時には目をつぶってしまう女性も少なくありません。

決してバレなきゃいいという問題ではありませんが、すでに何回かの前科や疑惑がある場合には、結婚をしても確実にあなたを不幸にします。そこで許したりすれば、さらに男性はつけあがることでしょう。結果的には、必ずや同じような問題を繰りかえすことになりますので、相手の性格や心が変わるはずだなんて無理やり目をつぶらないようにして下さい。

男性側も付き合っている過程と、結婚した後で多少は責任感も変ってくることでしょう。だから、それでも、どうしても彼と結婚したいと思うならば、その場合には、彼に対して見返りを求めずに自分が惚れて尽くすことが自分の愛情であると感じ、許したことも含め自分が責任を取る覚悟で臨んで下さい。

これに関連する場合もあるのでお伝えしますが、付き合いが長いカップルや、すでに同棲している場合に気をつけて欲しいのは、結婚前にすでにセックスレスになっている場合には結婚はオススメしません。もし子供が欲しいと強く望んでいるのであれば尚更です。

テーマがシリアスなので今回は軽くしか記しませんが、本格的なセックスレスの関係は必ずや二人の結婚生活に不幸をもたらします。なぜなら、その多くは、彼はあなたとのセックスはできませんが、それは決して性欲の減退ではないので、かなりの確率で愛情は別として、他の女性とそのような関係を求めていくようになることでしょう。

誰のための結婚なのか?と再確認することで見抜けます!

今回は、より男性の目に見えない性格の部分にフォーカスしてみました。もし、当てはまるような彼の兆候を感じている場合、特に付き合いが長いカップルこそ要注意です。なぜなら女性側も自分の年齢と比較して、今までの恋愛期間を時間換算をしてしまう傾向があるからです。

ここでも繰り返しますが、恋愛と結婚は別物なのです。今までの付き合ってきた歴史や時間にこだわることなく、自分の幸せな未来にフォーカスしてみて下さい。
「何のために結婚するのか?」もう一度、自分自身に問いかけてみることは、自分が結婚を通じて幸せになるためであるということを再確認することでもあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。