こんな時代だからこそ幸せな結婚を引き寄せましょう!

今年に入り大きく結婚事情に変化が出てきているのは知っていますか?そう、あの大震災を境に、結婚相談所への入会や婚約指輪のオーダーなどが飛躍的に伸びているそうです。

//

明確な理由でないからこそ自分でもフタをしてしまう怖さがあるので気をつけましょう!

日本経済との関係性をみても、世の中の時代背景が、より経済的に豊かな時には、自分独りでも多くの楽しみを味わう余裕があるので、無理して結婚しなくても・・・という傾向になるのでしょうが、逆に気持ち的に今回の震災のような未来に対する不安感を味わうと、当たり前ですが、人は安心感だったり、幸せになりたいという欲求が顕著に出てくるのではないでしょうか。

少しだけ話が反れますが、例えば、21世紀になった直後の「ミレニアム婚」の時もノストラダムスブームによって1999年の終末思想とも重なり、今回もまさに震災や2012年の終末論など不安な気持ちが出ることで本能的に自分を守る家族を得ようという選択肢を考えるのかも知れません。

さて、そんな時代だからこそ結婚というものが皆さんの人生を動かすことでしょう。安心を求めたつもりなのに、その逆で自分に不幸をもたらす相手を引き寄せることだけは避けねばなりませんね。

今日は、そんなあなたに不幸にもたらすかも知れない相手を見抜くコツをお伝えしたいと思います。もし付き合ってる時点で、こんな兆候が見えていたら、ぜひ勇気を持ってシャットアウトして、あなたを大切にしてくれる男性を引き寄せるために気持ちを切り替えることをオススメします。今回は、借金やDVなど明らかな問題ではなく、より彼の人間性にフォーカスを当てた見分け方を中心にお伝えします。

●何事にも自分が中心である
まず最初は、あなたと付き合っているのに自分の趣味や友人との付き合いを優先にさせる男性は要注意です。いわゆる仕事が忙しくて会えないという問題ではなく、デートの仕方一つにしても、あなたの希望は無視して、いわゆる自分の気分次第で勝手に決めたり、せっかくの休みの日も、自分は疲れているからとダラダラして家から出なかったり・・・そんな性格の持ち主です。

当たり前ですが、結婚はバックボーンの違う二人の共同生活ですので、恋愛のただ付き合っているだけの時間と、幸せな家族になるということは大きく違います。男性の場合、子供が産まれた時に、気持ちや人生観が大きく変化する可能性もありますので、現時点で付き合っている状況すべてを不安に思う必要はないとは思います。ただ、いわゆるイクメンと呼ばれるような育児を積極的に手伝うような男性の多くは、実際には付き合っている時から、やはりマメにあなたのこともケアしてくれるような優しさを持っています。つまり、人の性格は残念ながら大きくは変らないということです。

付き合いが長かったり、自分の方が好きであれば、つい「彼は結婚したらきっと変ってくれるはず・・・」という結婚をきっかけや理由に相手が変ってくれることに希望を見出してしまう人もいるでしょう。ただ残念ながら、大方は逆に結婚することでさらに酷くなっていくケースの方が高いと言えるでしょう。

>さらに続いて、あなたを幸せにしない男性とは?!