香港オーシャンパークに、
巨大な水族館アクアシティがオープン!

グランドアクエリアムはラグーンの反対側

アクアシティをぬけるとジャイアントパンダのゾーン

世界中から香港に集まる観光客によるアンケートで、「香港で行ってみたい場所ベスト3」に常に入っているオーシャンパーク(海洋公園)。遊園地、水族館、動物園が全部そろった二つの山にまたがる欲張りなテーマパークですが、今回あらたに「アクアシティ」というエリアを増設しました!  入口を入ってすぐ目の前に広がる「水の世界」をご紹介しましょう。

グランド・アクエリウム(Grand Aquarium)

アクアシティの目玉になるのが、自分もまるで魚の世界に入ったような錯覚に陥る巨大な水槽がある新しい施設、グランド・アクエリウム。

水槽がドーム型の観覧エリア

サメやマンタを間近でみることができる
 

誰でも気軽にダイバーの気分を味わえます。最近、そういうアトラクションは増えていますが、このドーム型の観覧デッキはなんと世界一の大きさ! 約550万リットルの水が入っている水槽も世界で9番目に大きいものだとか。

400種類以上5000匹以上の魚がいるこの水族館の住人はマンタやハンマーヘッドシャークなどの大物からファインディング・ニモのクマノミなど大小さまざまなサイズの魚が大集合。ヒトデやナマコなど実際触るコーナーもあります。

 

竜宮城気分でネプチューンレストラン

水槽際の席は予約した方がベター

水族館内のレストランは温度を下げているので、羽織るものがほしい
 

水族館に併設されているこのレストラン(入口は別)では、ついつい浦島太郎のお話を思い出してしまいます。優雅に水槽の中を泳ぐサメ、飛んでいるように泳いでいるマンタ、くちびるがやたらと分厚いお茶目なナポレオン・フィッシュなどに囲まれていただく食事は、竜宮城での宴会のよう。

魚観賞をしながらの海鮮料理メニューもありますが、牛肉やラム肉などお肉系のチョイスも豊富。パイナップルジュース、ココナッツミルク、ミルク、バナナピューレとブルーシロップが入ったグリーン・シータートルなどのかわいらしい名前がついたモクテル(ノンアルコールカクテル)もおすすめ。ランチタイムは数種類あるメインだけチョイスがあり、前菜やデザートは食べ放題のセミビュッフェスタイル(238香港ドル+10%)もあります。

<DATA>
Neptune ‘s Restaurant
TEL:(852)3923 2268
営業時間:11:00~21:00

ラグーンのショー

アクア・シティの水族館やお店のまんなかに広がるラグーン(池)では、1日中噴水を使ったショーが行われます。昼間は4分間の、噴水の水を大胆に使った、まるで水が生き物ように動くショー。午後19時(日によって変更することも)に始まる10分間のショーは、水だけでなく火まで出てきます。噴水をスクリーンのようにして映像を映すのは世界中でここだけとか。ショーは、人間と自然の関わりあいについてがテーマになります。

<DATA>
Ocean Park
住所:Aberdeen, Hong Kong
TEL:(852)3923 2323
開園時間:月~土曜10:00~19:30、日・祝日 9:30~19:30
アクセス:MTR金鐘から直行バス、タクシーなど

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。