沖縄に学ぶ涼しい過ごし方

sesa

夏の陽射しによく似合う沖縄のシンボル、シーサー

沖縄の夏、というときっと多くの人がものすごく暑いというイメージを抱かれるのではないでしょうか。確かに沖縄の夏は暑いです。気候的にも亜熱帯に属しているので、夏の陽射しの強さなんか半端ではありません。万が一、無防備に素肌でも晒そうものなら、間違いなくサンバーン、つまり火傷状態となります。

とはいうものの、基本的に沖縄の暑さというのは本土のソレとは質が異なります。まわりをぐるりと海に囲まれた沖縄は風通しがよく、強烈な陽射しのわりには気温がそれほど高くなりません。これは、みなさんあまり認識されていないのですが、実は沖縄では真夏でも最高気温が30度を超えることはまずありません。

ここ数年、首都圏をはじめ東北や北海道でも異常なくらいの最高気温が記録されていますが、日本列島があちらこちらで30度(時に35度とか!)以上にヒートアップしている時でも、沖縄では27~29度くらい。TVから流れてくる猛暑のニュースに沖縄の人々はとても驚いていたりするわけです。
ハイビスカス

強烈な真夏の陽射しに鮮やかに映える南国の花。日中の陽射しの強さは凄まじいが、意外と気温はそこそこ

しかしながら、クーラーがなかった時代の夏を(人類の歴史に置いてクーラーなどという素晴らしい便利グッズが登場したのはつい最近のことですもんね)沖縄の人々はずっと過ごしてきています。暑い夏を少しでも快適に過ごしたいと思うのは今も昔も同じこと。沖縄の生活文化や習慣には、暑い夏から身を守るヒントがいっぱい詰まっています。今年もまたこれからやって来るであろう暑き夏に備えて、沖縄の人々の夏の過ごし方に少し学んでみましょう。