都合の良い言葉に振り回されてしまう人は、耳をふさいで、彼の行動をよく見ましょう。

都合の良い言葉に振り回されてしまう人は、耳をふさいで、彼の行動をよく見ましょう。

不倫が解消される方法は言わずとも、「不倫を成就させる」「彼とは別れる」のどちらかです。でも、実はこの2つとも、根本的な問題は同じだったりします。


不倫を成就させるには?

よく既婚者の男性が不倫の誘いをするときに、2つにパターンがあるといいます。
1「妻とはうまくいってないんだ。いずれ離婚するつもりだ。だから付き合おう」
2「君の事は好き。だけど家族のことは大事にしている。それでもよければ付き合おう」

おそらく、不倫が成就する可能性があるのは、1の方だと思います。
既婚者がきちんと離婚をし、自分の方を選んでくれれば、成就するわけです。でも、そうすんなりいかないから、悩んでいるのではないでしょうか? でも、相手の離婚を不倫相手が関与することなどできるでしょうか?

それはNOです。離婚するか否かは、その夫婦の問題なんです。第三者が介入できることではないんです。

つまり、自分が介入できることは、相手が離婚するか否かではなく、相手が自分と結婚してくれるかどうか、なんです。
ではどうするかこたえは?実は シンプルです。
彼が自分のことを(本当の意味で)大事にしたい!と思うほど、愛される女性になることです。それに尽きます。

ただ、先ほど、「不倫を成就させる」「彼とは別れる」の根本的な問題は同じだと言った理由があります。それは、彼がきちんと自立をした男性ではないということです。そもそも彼が離婚しようがしまいが、第三者には関係ないことです。夫婦の問題なんです。それを分からないで、第三者の不倫相手を巻き込もうとしているのは、正直言うと、甘ったれています。

それによって、相手の気を引こうと思っているだけであり、相手にどんな影響を与えるか? など考えてもいません。自分が可愛いだけなんです。なぜなら、本当に相手を心配させたくなければ(大事にしていれば)、夫婦の問題に介入させないし、黙って離婚をするものだからです。

つまり、なかなか結果が伴わない場合は、相手は言っているだけという可能性は高いです。もしそんな都合の良い言葉に振り回されてしまう人は、耳をふさいで、相手の行動をよく見ましょう。言葉ではなく、行動で判断する必要があります。そこに真実があるものです。

ただ人を変えるなんてことは、簡単なことではありません。正直言うと、相手が変わろうという意思がない限り、難しいです。
つまり、相手の行動次第の「成就」は、自分の思い通りにいかない結果の方が多いでしょう。