新生活、五月病が原因で太ることがあるって本当?

体重計

ストレス太りに注意しましょう

新入生や新社会人を始め、新生活を始める人が多い4月。ゴールデンウィークが終わり新緑が輝く季節になると、なぜかだるさや倦怠感などのいわゆる「五月病」の症状を感じる人が増えてきます。

そしてこのシーズン、いつの間にか体重増加していたことに悩む人が出始めます。実は体重増加は新生活に起こりがちな体の変化の一つ。新しい環境に適応するためのスタートダッシュが終わった頃、お腹のたるみなどの体型変化や体重増加に気づく人は少なくありません。体重増加の原因は、食べ過ぎ・運動不足の二言で片付けられがちですが、実は心の状態が反映されていることも多いのです。場合によっては、体重増加が心の病気の兆候になることもあります。

今回は、体重増加の大敵でもある新生活ストレスを減少させ、賢く体重管理をするコツを解説します。

ストレスで食欲が増す? 甘いものの効果と誘惑

イメージ

甘い物の食べ過ぎに注意!

程度の差こそあれ、新生活は誰にとっても大きなストレスになります。特に少し前まで学生だった新社会人は、否応なく生活の変化を強いられます。「学生時代は午前に講義がない日はお昼近くまで寝ていた」という人でも、働き始めたらそうはいきません。どんなに起きるのがつらくても、朝は時間になったらしっかり起き、身だしなみを整え、出勤しなければなりません。

生活リズムの変化だけでも大きな負担になるのに加え、会社でも覚えなければならないことが山積み。新社会人にとっての新生活は相当なストレスになることが多いのです。

ただ、ストレスの影響は個人差が大きいもの。ある人にとっては何でもない変化でも、ある人はすっかり気疲れしてしまうこともあります。疲れやストレスからつい甘いものを口に入れる習慣が付いてしまい、間食しないと生活が成り立たなくなってしまう人もいます。

甘いものは脳内で快楽物質エンドルフィンを分泌させて疲れを取ってくれると同時に、血糖値を上げて脳のエネルギー源となるブドウ糖を供給して頭の働きをシャープにしてくれます。ただ、甘いものに限らず、人は快楽に弱いもの。特に気分が冴えない時は、快楽の誘惑に抵抗するのは難しいもので、効果が一時的でもつい食べすぎになりがちです。

過食症? うつ病? 体重増加時に考えるべき心の病気

もっとも、体重が増えるのは、一概に悪いことではありません。そもそも、学生時代に美容やダイエットに力を入れていた人がずっと体脂肪率一桁をキープしていくのが健康的かどうかも疑問です。

ただ体重が急変した場合は、自分で自覚している以上に心に問題を抱えている可能性があります。摂食コントロールが利かなくなってカロリーを摂りすぎているのかもしれませんし、気分が冴えなくてそれまで楽しんでいた活動をする気が湧かずに消費カロリーが大きく減少しているのかもしれません。

こうした場合、過食症・うつ病など、心の病気の可能性も考慮したいものです。もしも、「死にたい気持ち」が生じているようなら、うつ病が重症化していると考えられるので、すぐに精神科(神経科)を受診すべきです。また、自覚のある過食行動をしてしまう場合も、衝動食いの後で吐き出す習慣ができているようなら、そのまま過食症に移行しないよう、精神科受診を考えてください。

健康的ダイエットの第一歩! 睡眠と食事からはじめる心のケア

新生活の始まりは、目が回るような忙しさがつきもの。充分な睡眠はとれていましたか? 睡眠は心身の疲れをとるのに大切なのはもちろん、起きている時間が長くなるほど食べ物を口に入れる時間も増えてしまうものです。「寝る間もないほど忙しく間食が増えた」という人は、ある程度生活が落ち着いたところで、まず睡眠時間を充分確保するようにしましょう。

また、食事は量は充分でも、栄養のバランスが摂れていることが大切。ビタミン・ミネラル類の不足は、ストレスへの抵抗力を弱めます。もしも、「果物は嫌い」など、好き嫌いがある人は、サプリメントでビタミン類を補給することも考えましょう。また、アジ、サバなど、青魚に含まれる成分(DHAなど)には抗うつ効果があります。青魚の摂取が多いアイスランドでは冬季うつ病の罹患率が低いことも知られています。青魚にアレルギーのない方は、食事のラインナップに加えてみるのもよさそうです。

もっとも、近年は環境問題もあり、食物連鎖による水銀などの蓄積の可能性が問題視されることがあります。念のため、食物連鎖の上位にあるマグロのような大型魚を毎日食べることや、同じ海域で獲れた魚だけを食べるのは避けた方が無難でしょう。

ストレスによる過食を防ぐ方法

最後に、体重増加の芽を摘み取るための、心のケア方法をリストにまとめます。
  • 充分な睡眠時間を確保する
  • 栄養バランスのとれた食事をする……抗うつ効果のある青魚がおすすめ。場合によってはビタミン類のサプリメントも考慮
  • スケジュールを埋め尽くさない
  • 家族、友人と過ごす時間を犠牲にしない
  • 定期的に有酸素運動を行う……体に無理の無い範囲の運動はストレス解消に有効
  • ストレスはなるべく、その日のうちに発散させる
  • 心の病気に注意する

以上の心のケアを無理なく取り入れて、不要な体重増加の芽を上手に摘み取るようにしましょう。夏にプールサイドを歩けば、思わず人が振り向く体型に戻せるか……は神のみぞ知るですが、まずは毎日を健康的に楽しく過ごせるよう、リズムを整えていくことが大切です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項