コミュニケーション上手になるには?

よく「話し上手は聞き上手」といいます。
それは、会話は単に、声や言葉だけではなく、相手との「気」や「思い」の交換でもあるので、まずは相手が投げた言葉のボールをきちんとキャッチしてあげるところが大切だからです。

どんなに面白く話せるとしても、一方的に話していては、言葉のキャッチボール(=コミュニケーション)ではありません。極端なことを言うと、一方的に話すよりも、一言も言葉を発さず、相手の意図を理解しながらうなずく方が、むしろ「コミュニケーションは成り立っている」とも言えます。
まずは、言葉を発した時の相手の“本当の気持ち”をきちんと理解ことが大切です。

カップルのすれ違いやすい会話とは?

例えば、カップルにありがちな “すれ違いの会話”というのがあります。

彼氏「ごめん!日曜日、仕事が入っちゃった」
彼女「えー!いつも私よりも仕事の方が優先なのね。もう知らない!」
彼氏「仕事なんだから、しょうがないだろ!」

この場合、彼にとって仕事が大事な時期だったら、2人が別れる可能性は高くなってしまいます。
まず、この彼女は、どうして彼が日曜日に仕事が入ってしまったのかについて、理由を聞いていません。おそらく彼女は、彼が今、仕事が大変なことを理解する前に、「自分を大事にしてくれてない!」という気持ちの方が前面に出てしまっています。

では、どうして彼は今、デートよりも仕事を優先するのでしょうか?
1.どうしてもスケジュールが変更できない重要案件がある。
2.失敗できないプロジェクがあり、大切な時期である。
3.早く仕事を成功させて1人前になって、彼女と結婚したい。
4.彼女よりも仕事の方が大切。
・・・と理由は色々とあると思います。

4の場合は、本当に彼のことが好きで、別れたくないのであれば、“仕事が一番好きだという彼”を受け入れないと、これから先もうまくいくことは少ないでしょう。
1~3の場合は、彼女のことは大事にしているけど、今は優先しなくてはいけない物事があるってことなんだと思います。もし3のようなことを言われたら、会えないことに怒るどころか、喜んじゃいますよね?
だから、相手を責める前に、相手の気持ちや状況をきちんと知ることが大切なんです。

自分に置き換えて考えてみる

時には、自分に置き換えて考えることも大切!

時には、自分に置き換えて考えることも大切!

自分に置き換えてみて考えてみるのもいいかもしれません。
休日に仕事が入るのは、楽しいことではありません。それでデートをキャンセルにしてしまうのは、彼にとっても残念なはずです。その気持ちも汲んであげましょう。

だからこんなときは、自分の寂しい気持ちは一旦抑えて、「彼が仕事に対して一生懸命であること」「責任感を持って仕事をしていること」などを認めてあげることも大切です。
例えば、「デートができないのは残念だけど、気にしないで。お仕事、頑張ってね!」と、彼の応援者となってあげれば、彼にとって、もっと大切な存在になる可能性も高いでしょう。

ただ、もちろん我慢ばかりをしていたら、彼女の方もストレスが溜まってしまいます。
そんなときは、彼が仕事で大変であることを認めた上で、「夜ご飯だけでも一緒に食べる時間はあったりする?私、行きたいお店があるの!」と言えば、彼との信頼関係が深まる上に、一緒に楽しいひとときが過ごせる可能性だってあるものです。

つまり、相手の言葉の意図、状況をきちんと受け止めることで、自分も相手に受け入れられやすくなり、より自分の望む関係になる可能性は高くなるものなんですよね。