日本人が手がけた! ドバイメトロ

2000年前半から始まったドバイの大型プロジェクト、建設ラッシュ、インフラ整備……。その中でも日本人の確かな技術を中東世界にも認知させたのが、全長75kmのドバイメトロプロジェクト。三菱重工、三菱商事、大林組、鹿島建設など日本の企業4社とトルコの企業1社が作り上げたドバイ初の鉄道です。2005年夏に着工し2009年9月9日にドバイ首長のモハメッド殿下を乗せ初運行、あっと言う間にこれまでタクシー社会だったドバイの交通インフラを180度改善するきっかけを作った、ドバイメトロをご紹介します。

ドバイメトロのテーマデザイン

ドバイメトロ駅

幻想的な空間、ドバイメトロのステーション

ドバイメトロの各駅は、地球・水・火・空気と4つのテーマを持ちデザインされています。地球をイメージした駅は、こげ茶色にコーディネートされ、水は青と白、火はオレンジと赤、空気は緑となっています。日本の駅と違って、テーマパークに来たのかしらと思わせるワクワクするデザインは観光要素としても一見の価値アリ! それぞれの駅に到着したら、「この駅のテーマは●●だな!」と楽しんでみてください。

ドバイメトロラインと主要駅

ドバイメトロ夜景

きらびやかにライトアップされたシェイクザイード通りを走るドバイメトロ Copyright Of Dubai Metro

ドバイ車窓から

ドバイメトロ車窓からドバイ観光ができる!Copyright Of Dubai Metro

ドバイメトロには2011年5月現在、レッドラインとグリーンライン、2つのラインが存在します。レッドラインには28個の駅、グリーンラインには20個の全47駅があります(共通駅一駅)。

観光客に需要があるのが、主要観光スポットや人気のショッピングモールからもほど近い駅が多くある、レッドラインです。特に、空港駅、デイラ・シティーセンター駅(ショッピングモール)、エミレーツタワー駅(ホテル&ブティックエリア)、モール・オブ・ジ・エミレーツ駅(巨大モール)などが人気。一般的にメトロというと、地下鉄のことを指しますが、ドバイの場合、地下駅は9駅のみ。ですので、眺めの良さでも定評があります。レッドラインである程度の距離を走ると、車窓からちょっとした観光が楽しめますよ。