【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

今こそ偽りのない自分らしい生き方ができる?!

先日、突然発表された、女優の小雪(34歳)さんと俳優の松山ケンイチ(26歳)さんの大物カップルの結婚。前から付きあっているという報道はされていましたが、正直、8歳の年齢差を越えて結婚まで至るのかはわからなかったので少しビックリしました。しかも松山さんの方から結婚を前提に付き合って下さいと告白するなんて、女性からみれば素敵な光景ですよね。

//

男性からすると、女性の最大の武器はやっぱり包容力ではないかと思います!

このような「女性が年上の素敵な年の差カップル」は、もしかしたら今年のトレンドなのかも知れません。実は、ボクの周りでも、つい先日に6歳差の姉さん女房結婚がありました。彼女は、まさに夏の恋愛宝地図セミナーを受けたくれた34歳の女性でした。彼女はセミナーを受けた、その1ヶ月後に、今の旦那さんと初めて出会い、それこそ先日の震災をきっかけにわずか出会ってから半年で一気に結婚まで至りました。

彼女が自然に結婚まで至った理由とは?

そんな彼女に、先日、結婚に至るまでの幸せなストーリーをいろいろ聞かせてもらいました。実は彼女、ここ数年はずっと特定の彼氏がいなかったので、彼女の電撃結婚には本当にビックリしたとともに本当に幸せな気持ちになりました。

彼女はどちらかというと、今までは自分に好きな人ができると、静かに追いかけるタイプの女性だったそうで、その分、いろいろ上手くいかずに満たされない時も多々あったようでした。そんな彼女が、この結婚では6歳下の彼にずっと追いかけられてゴールインしたのです。改めて人の相性や出会いって不思議なものだなと実感しました。

その6歳下の彼は、当日の取材時にも心配したのか迎えに来てくれたので、彼にも会うことができました。元野球部のスラッとした男性でしたが、まさに恋愛宝地図セミナー時に、彼女が思い描いて笑顔で話してくれた通りのイメージだったのでビックリしました。

先日、別のコラムでも書きましたが、最初に彼と出会った時の第一印象こそ、特別な恋愛対象ではなかったそうです。彼女いわく、そもそも最初に出会った時も、彼に別の同年代の女性を紹介するために設定された飲み会だったようです。あくまでも彼女は、人数あわせで誘われただけらしいのです。実際にシャイな彼とはそこで大きく盛り上がるわけでなかったのですが、逆に変に自分が彼を意識したり緊張することもなく自然に彼に対応できたことが、結果的に二人の距離をグッと近づけたのではないかと思います。

彼はいわゆる草食系スポーツマンなので、ガツガツ自分が話すタイプではありませんでしたが、彼は精一杯、彼女を追いかけてアプローチをしたそうです。彼女いわく、付き合って欲しいという告白時も、最初は黙ったままで、フリもなくいきなりだったので、嬉しさを通り越えて唖然としたと笑って言いました。そんな不器用な彼は付き合って、わずか2週間で結婚して欲しいとプロポーズをして、さすがに彼女は「ちょっと落ち着け!」と伝えたそうです。だって、まだ手すら繋いだことがなかったのですから!

彼女はもともとはアクティブな性格なので、そんな優柔不断で無口な彼に対して、きちんと諭してあげたりと本来の素のままの自分を出せる、とってもいいバランスのカップルだという印象を受けました。

そんな女性との年齢差婚は、今の時代、男性の結婚観も大きく変ってきていることから、すごく今どきのスタイルかも知れません。この傾向は独身男女にとってはとても喜ばしい話だと思います。今日は、これからもさらに増えるであろう、女性が年上の「年の差カップル」の魅力をぜひ一緒に考えてみましょう!

>続いて、今どきの男性からみる年上女性への魅力とは?