写真

パソコン内蔵のハードディスクに入れっぱなしの写真は、なるべくCDやDVD、外付HDなどに移しましょう。移す前に、不要な写真は削除して。しかし、それらの記憶媒体も万全ではありません。必ず、厳選した写真をプリントしておきましょう。データがすべて消失しても、プリントされたものがあれば、修復して写真を再生することはある程度可能です。プリントしたまま束になっている写真は、全部をアルバムにすることがタイヘンでも、厳選したものを少しだけまとめておきましょう。

手紙

保存してある手紙の中には、単なる引越しの挨拶とか、業者からの年賀状、DMのようなものまで混じっていることがあります。そうした「保存の意味のない手紙」は処分して、「ほんとうに保存しておく意味のある手紙、読み返す価値のある手紙」だけを残すようにしましょう。
 

被災地で役立てるモノもある

あなたが不要とするモノの中には、被災地や、各地で避難生活を送る方に必要とされているモノもあります。特に未使用品であれば、地元自治体の支援窓口などに問い合わせてみましょう。また、リサイクルショップに売ったお金を寄付することも、たいへん有意義です。

あなたのお部屋がスッキリすることが、ほかの誰かにとって役に立つなら、とてもうれしいことですね。

寄付、支援の情報は……All About「ボランティア」
『東北地方太平洋沖地震 緊急支援情報』

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。