東京の守り神

森

神秘的なパワーに満ちた御嶽山の森

武蔵御嶽神社は、東京都青梅市の御嶽山の山頂付近にある、たいへん古い歴史を持つ神社です。御嶽山は標高929m。古くから山岳信仰の場となっており、昨今では、パワースポット詣で+山歩きが目的の「山ガール」たちにも注目されています。

すべて徒歩で登るのはなかなかたいへんですが、山頂近くまではケーブルカーもあるので、完全な登山の装備がなくとも、スニーカーなどで比較的気軽に行けます。

山頂近くのケーブル駅付近や、御嶽神社境内からの眺めも最高です。何しろ東京都のもっとも奥の標高が高い場所にあるので、東京だけでなく、江の島から千葉あたりまでの風景を、手に取るように眺められるのです。都庁など目印になる高いビルを見つければ、自分の家がどのあたりかもわかります。運がよければ、スカイツリーもきれいに見えます。
スカイツリー

ケーブル駅付近からの東京の眺め。右側のビル群の中に東京都庁。左側にひときわ高く見えるのが、もちろんスカイツリーです。

御嶽神社では、毎朝、東京全体に向かってのお祓いが行われます。つまり御嶽神社は、東京全体の守り神でもあるのです。

御嶽神社ってどんな神社?

社伝によれば、創建は、何と紀元前91年。奈良時代には、行基という僧侶が蔵王権現という仏様を祀ったとされます。中世以降は、修験道の修行の場として栄えました。修験道とは、山にこもって修行をする山岳宗教で、神道、仏教、道教など、さまざまな宗教の要素が混じったものです。日本の仏教と神道は、神仏習合という形で一体となって発展してきた部分が多く、御嶽神社も、江戸時代までは寺でもあったのです。
ご本社

御嶽神社のご本社

江戸時代はじめには、それまで南向きだった社殿が東向きに改められました。東とは東京湾の方向です。このことにより、御嶽神社は、江戸の町の西の護りをかためる存在となったのです。そして明治になり、神仏分離令が出されたことで仏教的要素と切り離され、こちらは武蔵御嶽神社となりました。

次のページは、御岳山の開山以来はじめての特別なお祭のご案内です。