スタイルだけではない、走りまでもが程よくスペシャル

フォルクスワーゲンシロッコ

国内で約20年ぶりに復活した3ドアのスペシャリティモデル。最高出力160psを発生する1.4リッター直噴ターボ+スーパーチャージャーエンジンのTSI(348万円)と、200psの2リッター直噴ターボの2.0TSI(460万円)をラインナップ。スポーツモデルのR(515万円)も用意される

フォルクスワーゲンシロッコ

全長4255mm×全幅1810mm×全高1420mmと、ゴルフと比べ全幅は20mm広く全高は65mm低いロー&ワイドなスタイルをもつ。2.0TSIにはサスペンションの減衰力を3段階に調節できるDCCが標準装備された

比較的、手に届きやすい範囲にあるスペシャリティカーがマーケットで成功する秘訣は2つ。

“スタイルと性能、価格のバランスがとれていること”と“同じブランドの4ドア車が大量に売れていること”である。前者については、それほど詳しい説明はいらないだろう。

シロッコについて言えば、カタチは見ての通りユニークで十二分にスペシャル、走りの方もゴルフ+αでかなりファン、価格もゴルフよりはっきりと、しかし何とか頑張れば出せそう思わせる程度に割高という、絶妙なバランスだ。

フォルクスワーゲンシロッコ

2.0TSIはレザーシートを採用。パドルシフトやオーディオスイッチが付いたマルチファンクションステアリング、HDDナビ(RNS510)などが標準とされる。後席は可倒式の独立2座を採用、ラゲッジ容量は312~1006リッターを確保した

後者はどういうことか。スタイルで乗るクルマの満足度というものは、自画自賛・自己満足をベースに、できればちょっとした優越感が伴ってこそ高まっていくもの。同じ形のなかで“グレード分け”などはその典型なのだが、そこに贅沢な2ドアというボディ形状違いが加わるのだから、比べて優越感に浸れる相手が多ければ多いほど満足度は高まるはず。

シロッコにはゴルフという、見比べる相手が既に沢山、街中を走っている。シロッコに乗っていれば、スペシャリティなモデルに乗っているという満足をきっと、いつでもどこでも感じていられることだろう。

先にも書いたけれども、シロッコはスタイルだけのクルマではない。中身=走りの方も、立派に程よくスペシャルである。

VWシロッコR

VWのプレミアムスポーツモデルとなるRシリーズとしては初のFF(前輪駆動)モデル。ゴルフRと同じ、最高出力256psを発生する2リッター直噴ターボエンジンと6速DSGを搭載する

中でもシロッコRの走りはFF(前輪駆動)とは思えないほどに楽しい。とはいえ、フォルクスワーゲンなので、乗り手に対する限定などこれっぽっちもない。誰でも気軽に楽しめるが、ポロやゴルフと同様に、相当なクルマ通が試したとしても、満足できる内容になっている。その守備範囲の広さが凄いし、フォルクスワーゲンらしさでもある。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。