生活を楽しめる専業主婦

女性が仕事を辞める一番の原因が出産や育児。子どもを育てながらの仕事は大変。仕事を辞めても、次を見据えたステップアップを考えたい。

女性が仕事を辞める一番の原因が出産や育児。子どもを育てながらの仕事は大変。仕事を辞めても、次を見据えたステップアップを考えたい。

結婚後に妻が仕事を辞め、専業主婦になることを考えてみましょう。妻が仕事をしないと、家庭生活に時間をかけて充実させたものに出来るでしょう。結婚生活をあれこれと楽しみしているのなら、専業主婦が有利だといえるでしょう。

ただし、専業主婦は一番の贅沢であることは忘れずに。憧れや風潮だけで仕事を辞めるのではなく、前のページのように、ライフプランなども考えながら慎重に選択しましょう。

復職を考えた作戦も考えて

専業主婦になりながらも、子どもが大きくなったらまた仕事をというパターンも多くあります。子どもの手が離れることや、お金のことを考えてというのが理由ですね。

その場合を見越して、専業主婦時代に作戦を練っておくといいですね。例えば、再就職のための勉強をしたり、資格をとるなどステップアップの準備をするのです。

将来のお金の不安がありながらも、専業主婦を選んだ人はこのステップアップを忘れずに実行するといいでしょう。

共働きに出産・育児の壁

共働きとなると、仕事と家事の両立が必要となり、時間に追われる日々が続きます。これが、子どもができるとさらに大変になります。乳幼児を抱えて仕事を続けるのは、子どもの預け先、病気の時の対応などを考えると大変なことです。

結婚後は仕事を続けても、出産を機に仕事を辞める人が一番多いのもこれらの理由でしょう。子どもが出来ても仕事を続けたいと思うのなら、結婚のタイミングで対策を考えておくことです。

両親の近くに住む、保育所の待機児童が少ない市町村に住むなど、育児と仕事の両立がしやすい環境を整えておきましょう。

結婚後に妻も仕事をするかどうかをお金の面を中心に見てきました。結婚後は長い2人の生活が待っています。2人できちんと話し合って決めることが大切です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。