シンプルで道具性の強い真のコンパクトカー

フォルクスワーゲンポロ

5世代目となるコンパクトハッチバック。2009年に1.4リッターエンジンを搭載した1.4コンフォートラインとして登場、2010年に軽量・高効率な2バルブSOHCの1.2リッター直噴ターボに変更された。デュアルクラッチトランスミッションの7速DSGとの組み合わせで、10・15モード燃費は20km/lとなる

フォルクスワーゲンポロ

国内ではベーシックなコンフォートライン(213万円)と、豪華装備のハイライン(242万円)をラインナップする

“みんなのためのクルマ”=フォルクスワーゲンにとって、ポロは今やゴルフを凌いで、最もフォルクスワーゲンらしいメッセージ性に満ちたモデルになったと言えそうだ。

ビートルからゴルフへと基幹モデルが移行したのち、ゴルフはメインモデルであるがゆえに時代の要請やニーズに“できるだけ”応えるべく進化成長を果たしてきた。その一方で、シンプルで道具性の強い真のコンパクトカー、というかつてのゴルフ本来の存在理由は、徐々にポロへと移管されてきたように思う。

フォルクスワーゲンポロGTI

ハイパフォーマンスモデルのGTI。専用チューンされた最高出力179psの1.4リッターツインチャージャーエンジンと7速DSGを搭載。0-100km/h加速を6.9秒としつつ、燃費も16.6km/lに高められている。価格は294万円

はたして現行型ポロは、ひと昔前のゴルフである。ひと昔前のゴルフがサイズを守って進化したカタチ、だ。それじゃあ、ポロ本来のサイズってどうなったの? という問いに対する回答は、おそらく近い将来、フォルクスワーゲンから提示されるはず。

それはさておき、旧ゴルフサイズのポロで“大き過ぎる”と思う方は少ないと思うが、どうか。(ポロの性能がすこぶる上がった)今となってはゴルフの大きさがかえって中途半端に思えてしまうほど、ポロのサイズは日本の街によく似合っている。

パフォーマンスもクラス最高レベルにある。微速域から高速域まで、ビシッと筋が通っている。カテゴリースタンダードという賛辞にふさわしい。

VWクロスポロ

クロスオーバーSUVテイストに仕立てられたクロスポロ。アンダープロテクター風バンパーや15mm高められた車高などで内外装を演出した。価格は260万円

現行型のエクステリアの仕上げ質感はなかなか素晴らしいものの、一方でインテリアはかなり素っ気なくて、仕上げレベルもほどほど。けれども走りの方はといえば、一切妥協ナシ、というか最早ゴルフ顔負けの領域。昨今のフォルクスワーゲンがとても上出来に思えるのは、ゴルフというよりもむしろ、このポロのパフォーマンスが非常に上がったせいで、全体が底上げされているからだ。

サイズがら、初心者にはピッタリな選択肢だけれども、このクルマでカーライフをスタートさせると、後が難しい。おそらくハイブリッドやEV以外の国産車には満足できない身体になってしまう。そういう意味では、クルマ選びにはちょっとうるさいぞ、というベテランにもオススメできる。そこがまた、フォルクスワーゲンの凄さでもある。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。