ソニーのPND、ナブユーがモデルチェンジ

ソニーのPND「NAV-U(ナブユー)」は、車速信号をとらなくても抜群の測位性能を持つ高性能タイプと、自転車、徒歩用にも使えるコンパクトなマルチユースタイプ、そしてオンダッシュナビの置き代えにもなる大画面モデルと、ニーズに応じたモデルをラインナップし、それぞれ好評だが、高性能タイプとマルチユースタイプがモデルチェンジした。
01

ソニー「nav-u」NV-37は3.5型モニター採用のコンパクトモデル


まずはマルチユースタイプのニューモデル、NV-U37(オープン価格/実勢価格は37.000円前後を予想)。従来のNV-U35に代わる3.5型液晶搭載のコンパクト・モデルだ。地図データを収録するメモリーの容量は8GB。ボディカラーは、ブラックのほかオレンジ/ホワイトの計3色をラインナップする。

オービス案内が加わり、より安心に

02

オービス情報を収録

従来のU35は、自転車ユースで人気が高まったが、新しいU37は、自転車ユースはもちろんのこと、カーユース、徒歩ユース、すべての面で機能を高めている。まずは車載時のナビ機能だが、測位性能と渋滞対応力を除けば、高性能タイプのU77にかなり近づいた。前作のU35には無く、U37で新たに加わったのはオービス案内。オービスがある地点の手前で数度にわたって警告音と音声案内による注意喚起を行う。渋滞統計情報を活用してルート探索を行うのは、従来通り。ちなみにPNDで渋滞統計データを収録しているのは数少ない。また日時を指定してルート探索を行うこともできる。着脱簡単なPNDは家で事前にルート探索を行えるのがひとつのウリだが、日時指定ルート探索では到着時刻を指定できるので、おおよその出発時刻を判断しやすいのがいい。

09

到着時刻を指定してルート探索が可能

案内画面は、通常の交差点拡大図のほか、方面看板案内、高速道路のジャンクションや出口のイラスト案内、都市高速のイラスト案内など、多彩な案内で誘導。音声案内も、交差点名の読み上げたり車線を教えてくれるなど、丁寧に案内してくれる。自車位置の測位をGPSだけで行うため、さすがにトンネル内など、GPSの電波を受けられない場所での案内には不安があるものの、それ以外の場所では自車位置も正確。測位がGPSであることさえ納得しておけば、カーナビとしても不満無く使える。
03

道案内の画面表示は多彩