マイカーの補償を見直せば保険料は節約できる

自動車保険は自分で設計することが可能です。補償はしっかり、そのうえで安くする方法をご紹介します。

自動車保険は自分で設計することが可能です。補償はしっかり、そのうえで安くする方法とは?

更新時期にやってくる保険料の案内。「これって高くなってない?」そう感じたら、安くする方法にチャレンジ。対人賠償、対物賠償などの基本的な補償を変えず、以下の方法を試してみましょう。

◇1 『車両保険』で安くする

車両保険は上級タイプ、一般タイプ、エコノミータイプの3つが主流です。年数が経過している車や車両価値が高くない車の場合、エコノミーを選択すれば安くなります。また、いざという時は自腹で直すという人は、車両保険をなくすことも可能です。その場合、単独事故での車の修理費は100%自己負担となります。車同士の事故の場合は、過失の割合で変わってきます。

◇2 『免責金額』で安くする
車両保険をつけたままで安くする方法です。車両保険の免責金額は高い順に、
  • 1回目0円-2回目10万円(免ゼロ特約)
  • 1回目5万円-2回目10万円
  • 1回目10万円-2回目10万円
などがあります。車両保険を使う際の自己負担額を大きくすれば、保険料は安くなるのです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

その車を運転する人は? 限定することで保険料ダウン

◇3 『運転者限定条件』で安くする
自分以外、または家族以外の誰も運転しないという場合、運転者の限定条件を確認しましょう。これは保険料の高い順に、
  • 限定条件なし
  • 家族のみ限定
  • 夫婦のみ限定
  • 本人のみ限定
となっています。契約時は家族や友人が運転したけれど、いまは自分だけ、といった場合はぜひ変更を。なお、限定した人以外が運転した場合は保険金が支払われませんので、ご注意ください。

他にも、条件しだいで保険料が安くなる!続きは次のページ>>>