シルク・ドゥ・ソレイユのショーを見る時に知っておきたいこと

シルク・ド・ソレイユの一番人気のショー「O(オー)」

シルク・ドゥ・ソレイユの一番人気のショー「O(オー)」

1984年にカナダで設立されたアーティスト集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」。それまでのサーカスという概念を一気に覆し、動物を使わない、人の体の可能性だけで見せるパフォーマンスで、たった10年でラスベガスに常設ショーを複数持つほど有名になりました。

シルク・ドゥ・ソレイユのショーは、世界各都市の専用シアターで行われる常設のレジデントショーと世界を巡回するツアーショーの2種類あり、日本でもディズニーランドリゾートに「ゼッド」が常設されています。

2011年3月現在、世界最高のエンターテイメントシティ、ラスベガスでは、7つの常設ショーが行われていて、2013年にはマイケルジャクソンをモチーフにしたショーが追加される予定です。ここでは、まずは、シルク・ドゥ・ソレイユのショーを見る時に、知っておくと便利なことをご紹介します。

ラスベガスで上演されているシルク・ドゥ・ソレイユはこちら>>>ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユ

当日チケット割引ブースを利用

「シルク・ドゥ・ソレイユのショーを見たいけれど、特に演目にこだわりがないので、行ってから考える」という人は、ラスベガスの街中にある「チケットフォーレス」などのチケット割引ブースでの購入がおすすめ。当日かその次の日の空いているチケットを購入することができます。

シルク・ドゥ・ソレイユのショーの中でも一番人気なのがベラージオで行われている水のショー「オー」。これは、割引ブースでは販売されていないので、旅行を決めたら、できるだけ早めに予約をしましょう! 予約はホテルやシルク・ドゥ・ソレイユのオフィシャルサイトからオンラインで可能です。割引ブースでは「オー」以外は、取り扱いがあるのですが、「カー」も売り切れの場合がほとんどなのでご注意を。

チケットの購入はこちらから>>>「シルクドソレイユ オフィシャルサイト

遅い時間のショーの方が空きがある

シルク・ドゥ・ソレイユのショーは、基本的に19時台と22時台の1日2回行われています。早く席が埋まってしまうのは19時台から始まるショー。19時台のショーで希望の席がなくても22時台の方には空きがあることが多いので、遅いショーでも問題なければ、そちらも合わせてチェックしてみましょう。

チケットはなるべく1番いい席を!

シルク・ドゥ・ソレイユのショーを見る時は、必ず一番いい席で見るようにしましょう。例えば「オー」ですが一番いい席で150ドル、一番安い席で93ドル。約60ドルの差がありますが、見え方や楽しみ度は、それ以上の違いがあります。見終わった後、150ドルの価値以上の感動がありますので、絶対にいちばんいい席でショーを見てください!

シアターは寒いので暖かい格好を

シルク・ドゥ・ソレイユのショーに限らず、アメリカのシアターや映画館は、私たち日本人にとっては冷房が効きすぎて寒すぎます。キャミソールのワンピースなんかで行ってしまうと、寒くてショーに集中できないかもしれません。必ず長そでを持参してください。

ショー開始30分前には会場に入ろう!

シルク・ドゥ・ソレイユのショーは、開演前も観客を楽しませてくれる演目が多いので、必ず30分ぐらい前には会場に行きましょう。

チケット代以外にかかる費用

オフィシャルサイトに表示されている料金はチケット代のみです。それにラスベガスのエンターテイメントTax10%と、シルク・ドゥ・ソレイユはチケット販売にアメリカのチケット販売サイト、チケットマスターを利用しているためチケットマスターの手数料一枚7.5ドルが加わります。この手数料は、オンラインや電話で購入しても、シアターに直接行って購入しても加算されます。

つまり、150ドルの席を購入した場合、エンターテイメント税の10%で15ドルと7.5ドルが追加され、トータル172.5ドルになります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。