結婚式は見えないところで節約を

結婚式費用の節約。ポイントはメリハリ

結婚式費用の節約。ポイントはメリハリ

結婚式の節約で忘れてはいけないのが、ゲストへの心遣いです。招待客に対して、極端に節約をすると失礼になることも。少なくとも、お料理や引き出物などゲストに直接かかわるところは、あまり節約を考えないほうがいいでしょう。

安価なものや手作りのものを引き出物にするということはないようにしたいですが、同じ品質の引き出物を、割引のあるお店で1円でも安く手に入れるのはいいですね。お見送りの時に渡すお菓子については、手作りするのもいいでしょう。


結婚式の節約に共済加入も有効

少しでも費用を抑えるなら、共済(県民共済や都民、府民共済など)への加入を検討してもいいでしょう。共済は、加入者への特典として、貸衣装を安く提供していたり、提携の式場を安く斡旋するところもあります。中には、結婚式場を運営している共済も。

ドレスが一着2万円以下で借りられたり、引き出物を5割引で購入できるといった共済もありますので、職場や住んでいる地域の共済でのサービスをチェックしてみましょう。


結婚式費用の支払いはクレジットカード払いでポイントを

結婚にかかる費用の支払い方法も節約のポイントです。

クレジットカードが利用できる施設もありますので、問い合わせてみましょう。金額が高額なだけに、たまるポイントも多くなります。

なお利用前に、カード会社に利用限度額の引き上げをお願いすることを忘れずに。結婚式であることを伝えれば、一時的に引き上げをしてくれるところが多いようです。


結婚式の節約はメリハリが大切です。まずはどんな式をしたいのかを2人で相談しましょう。予算が決まったら、その中でどこまで自分達のプランをいれるかを決めていくというのが正当な順番です。ゲストにかけるお金を減らすことなく、式場や演出、自分たちにかけるお金を抑えて心に残る結婚式をしてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。