寒い地域より、暖かいところ

日産リーフ

ガソリン車に比べ、乗り方や外気温の影響を受けやすい。特に冬場のヒーターは負荷が高く、航続距離にも大きく影響する


走行可能距離は乗り方や気温によって大きく異なる。最高速60km/h程度の街中をエアコン付けず丁寧に走ったなら、満充電で最大160km程度。高速道路の90km/h巡航であれば120kmといったイメージ。ちなみに急速充電では80%までしかチャージ出来ないため、それぞれ20%減。

また、夏場のエアコンは気温にもよるけれど5~10%の走行距離減。エアコンより電気を喰うのが冬場のヒーターで、外気温5度だと、走行距離30%減になってしまう。ということで真冬の急速充電後だと、ヒーター掛けて最大90kmくらいだと考えればいい。寒い地方より温暖な地域が向く。

絶対的な動力性能は、最も得意とする追い越し加速で3リッター級のガソリンエンジンと同等。停止状態からのフル加速だと2リッター級という感じ。速度リミッターによって最高速145kmとなってます。参考までに、145kmで連続走行したなら、40分もすればバッテリーが無くなる。

3リッター級のフィーリングもリーフの魅力

日産リーフ

月額1500円でサポートプログラムがあり、レンタカーの割引も用意される。リーフでカバーするのが難しい長距離・長時間のドライブなどの際に活用したい


毎月1500円のリーフ向けサービスプログラムもある。加入すると、

1)1回目の車検を含む整備料金無料
2)全国の日産ディーラーで充電無料
3)レンタカー半額になる

というサービスが受けられるのだ。月に50kWh(急速充電なら5回。走行距離にして350km分)くらいの充電をすれば十分モトが取れると思う。

気になる「クルマとしての魅力度」だけれど、こらもうダントツ。何より静か。ガイドを含め、オーナーの満足度は極めて高いようだ。とはいえ走行距離や、充電箇所など考えれば誰にでもすすめられるようなクルマじゃない。逆に自分の生活に合う使い方が見つかれば、最高の相棒になってくれると思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。