吹く風に春の気配を感じたら、思わず笑顔になるような温かな作品が読みたくなりますね。そんな季節にピッタリの絵本が刊行されました。

『REALLY SPRING』と題された原作は、名作『どろんこハリー』シリーズの著者コンビの手になるもので、初出以来50年以上も未翻訳でした。たくさんの人が、まるで春を待つように、邦訳を心待ちにしていた作品にやっと出会えます。
 

春の訪れが元気を運ぶ 『はるがきた』

はるがきた

読めば元気がわいてくる、春の訪れの嬉しさあふれる絵本

暦の上では春なのに、春はなかなかやって来ません。しびれを切らした少年が、「みんなの手で、街に春をよぼう!」と提案します。大人も、子どもも、市長さんも、一般人も、みんなが力を合わせて、街中を春色に染めあげていくのです。通りには美しい花や鳥が描かれ、パレードまで行われて、街はすっかり春の気分になりました。

春をよぼうと立ち上がる子どもたちの行動力は、まさしく「春が持っているエネルギー」そのものですね。絵を担当したグレアム女史は、この作品で黄色と青と緑の3色だけを使い、心躍るような春の街を描いていますが、子どもたちの描き方もまた例外ではありません。3色の濃淡と微妙な色合いの変化で、子どもたちの溢れるようなエネルギーを見事に表現しています。

ところが、お話はこれだけでは終わりません。街を激しい雨が襲い、春色の街は、一夜にして冬に逆戻りしてしまいます。さあ、クライマックスはここからです。がっかりする人々とその街に、この後、素晴らしい変化が起こります。それは、まさに奇跡と呼ぶにふさわしい出来事でした。

結末については、小さい読者には嬉しいハッピーエンドであるとお伝えしておきましょう。とびきり素敵な結末には「思い通りにいかないことがあっても、元気をだして!きっとよいことが待っているよ」そんな作者からのメッセージもこめられているように思います。優しさの中にも、力強さを感じさせる作品は、引越しや入園・卒園などで環境が変わり、ちょっぴり不安を感じているお子さんにも、きっと元気を運んでくれるでしょう。半世紀待った甲斐があったと嬉しくなるような作品です。


【書籍DATA】
ジーン・ジオン:文 マーガレット・ブロイ・グレアム:絵 こみやゆう:訳
参考価格:1365円
発売日:2011/02/17
出版社:主婦の友社
推奨年齢:4歳くらいから





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。